更新は終了しました.
タグ
(18)
(16)
(16)
(10)
(5)
(4)
(2)
(1)
カテゴリ
全体
Discovery Kanazawa
標柱巡り
金沢方言
金沢検定
食べもんや
裏「つぶやき」
以前の記事
2007年 03月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
労働放浪記3. (03/05/2005)
 またツインメッセでスーツでした.

 日銀主宰(正確には違うんですかね)の金融セミナー,ペイオフについての講演会の運営をやりました.セッティングとか,お客様の誘導とか,質問タイムのマイク係とか.今日は,本当にためになる(そして非肉労の),いい仕事でした.毎回こんなのだったらいいのに.

 セミナーにお越しいただいたのは,ETV『21世紀ビジネス塾』レギュラー,シンクタンク・ソフィアバンク副主宰の藤沢久美さん.公演中は会場内にいたので,ずっと拝聴していたのですが,とにかく面白かった.投資,投機なんて危ない仕事をする,半分顧客をだましてなんぼ(敬愛をこめた表現)の商売ですから,話は,分かりやすく,面白い.ためにもなりました.でも,内容は忘れちゃった.

 一つだけ覚えているのは,銀行には預けるという意識を捨て,貸していると考えよ,とのこと(ペイオフですからね).その話の中で,何のために銀行に預けるかというと,物価の上昇についていくためなんですね.たとえば40年前に1,000万円預けたら,いまごろ元本は4倍ぐらいになっているらしいです.でも,物価も4倍ぐらいになっているわけで,価値は結局変わらない.でも,もし40年前に1,000万円タンス貯金したら,いまももちろん1,000万円だけど,物価は上昇するから,その1,000万円の価値は大きく下がっている.べつに預金したら金が殖えるわけではなく,ただ物価の上昇に追随するだけだ.それ以上ではない.これには,びっくり.

 これまで,まったくツインメッセは利用してきませんでしたが,週末ともなると,各ブースがいろいろにぎわうんですね.さすが,産業館.
[PR]
by gesetz11 | 2005-03-05 22:11 | 裏「つぶやき」
<< 労働放浪記4. (03/06/... iPodとByte. (03/... >>
Copyright (c) 2007 Akatsuki Walker Publishing, Inc. All Rights Reserved.