更新は終了しました.
タグ
(18)
(16)
(16)
(10)
(5)
(4)
(2)
(1)
カテゴリ
全体
Discovery Kanazawa
標柱巡り
金沢方言
金沢検定
食べもんや
裏「つぶやき」
以前の記事
2007年 03月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
労働放浪記5. (03/07/2005)
 今日なんて,いかにも,って感じの仕事でした.

 清水の(また清水か)ブリキ工場,ジュースの缶とか缶詰の缶とかを作る工場で,製品の内側(食品を入れる部分なわけですね)に傷や油汚れがないかひとつひとつ検品します.今日担当した商品(すでにパッケージ印刷されていました)も,よく見かける,あの商品でした.

 あそこで常勤されている人,またあの用な職務に就いている人には大変申し訳ないのですが,まるで監禁されているような気分でした.たとえなど,「刑務所の労働ってこんな感じなのかな」でしたし(一緒の職場のかたは,嫌なたとえだな,と苦笑してましたね).

 思うのですが,流れ作業というのが大変もてはやされてきましたが,個々人の作業のひととおりのスパンが短いと,集中力が途切れて早さも精度も落ちて不効率なんじゃないでしょうか.業務内容にもよりますが,流れ作業そのものを否定する話も聞いたことがありますね.まるでスイスの山小屋でひとりで1年かけてつくる高級腕時計のように,確かな品質を売りにするイメージを想起すると,流れ作業の薄利多売さに,うーむ,とうなる.

 足,痛かったです.ずっと立ちっぱなしで.首,痛かったです.ずっとうつむいてて.でも,工場のベルトコンベアのオートメーション,昔した工場見学を想起させましたが,あのなんともいえないアナクロニズム(?)に,軽く萌えました.それと,食品を詰める前の現場でよかった.食品工場はそうとう臭いらしいからね.

 とりあえず,これまでで稼いだ金は23,910円.道はとおい.つらい.
[PR]
by gesetz11 | 2005-03-07 23:39 | 裏「つぶやき」
<< 月刊『ケータイ契約者数』3月号... 労働放浪記4. (03/06/... >>
Copyright (c) 2007 Akatsuki Walker Publishing, Inc. All Rights Reserved.