更新は終了しました.
タグ
(18)
(16)
(16)
(10)
(5)
(4)
(2)
(1)
カテゴリ
全体
Discovery Kanazawa
標柱巡り
金沢方言
金沢検定
食べもんや
裏「つぶやき」
以前の記事
2007年 03月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
80時間中部日本一周6. (03/13/2006)
1時間10分も遅れて「超特急」だなんて笑わせますね。

こんにちは、堀田浩司です。

先日、静岡から名古屋までハイウェイバスを使って移動しました。


JRハイウェイバス


僕は12時43分発の「超特急東名ライナー」という便に乗ったのですが、これが静岡インターチェンジを出発したのがなんと13時35分だったのです!

というのにも理由がありまして、なにやら、静岡まで来るのに事故渋滞があったようで、静岡の友達と一緒に見たバスは僕の乗るバスではなかったのです。そのため、ひとりバス停でずいぶん待つことになりました。

途中、あまりにもバスが来るのが遅くて、不安になって、i-modeでバスの運行状況を確認しました(便利な世の中になったものですね!)。そしたら、12時43分発の便はその時点(13時ごろ)で47分遅れているとのことで、このままだと静岡出発は13時半になってしまうじゃないか!と少々焦ってしまいました。

というのも、実は、以前にも東名ハイウェイバスの名古屋行きを利用したことがありまして、そのときは金沢行きのバスと25分の乗り継ぎ時間があったのですが、名古屋行きが名古屋インターを出た時点で25分送れていて、しかも金沢便は完全予約制(チケットは事前にとってありました)でそのうえそれがその日の最終便だったのです!

結局、名古屋行きは途中の星ヶ丘で降りてそこから地下鉄に乗って名古屋駅に行って、何とか金沢便には間に合いましたが、ずいぶん焦ったものです(苦笑)

というわけで、今回は時間に余裕をもって静岡発の便を決めたのですが(すでに17時半名古屋発の金沢行きチケットは予約してありました。ハイウェイバスが定刻通りに運行すると名古屋駅は15時49分着で1時間半以上の余裕があります)、こうやって出鼻をくじかれると、なんだか先行きが不安になってきました。

その上、バス停の案内を見ると、どうやら超特急は完全指定席制だということで、バスに乗ったところでチケットを買おうと思っていたので、とても不安になりました。

ということで、結局バスセンターに電話したところ、ちゃんとバス内でチケットは買えるとのことでした。

それでも、もし満席だったらバスには乗れないわけで(バスは遅れるとそこにたくさんの人が乗ってしまう傾向があります)、ずっと不安を抱えたままバスを待ち続けました。バスに乗れなかった場合も想定して、何時までに静岡駅に向かえば電車で17時ごろまでに名古屋駅に着けるかを計算してました。

そのうち、バスは来て、どうやらぎりぎり乗れるみたいで、とりあえず安心しました。でもその時点で52分遅れだったのです。出発の10分前までには名鉄バスセンターにチケットを取りに来てくれと言われていたし、慣れない名古屋ということもあって、なるべくなら余裕をもって16時50分ごろには着いていたいと思っていたのですが、この時点で到着予定時刻は16時41分。思いっきり余裕をもって便を選んだはずなのに、けっこうぎりぎりなことになってしまいました。乗車時点ではこの先の渋滞情報は入ってはいないとのことでしたが、まだまだこの後どうなるかは分かりません。

結局、冒頭に書いたことからも分かるように、バスはさらに遅れてしまいました。

高速道路を走っているときはよかったのですが、名古屋インターを出てからはちょうど夕方ということもあって、名古屋市内は渋滞。焦る僕を横目に積んだ車は遅々として進みませんでした。

これはどう考えても途中下車して地下鉄に乗ったほうが早いぞ、とは思っていたのですが、どうせならこのままどれだけ遅れて着くのか見届けたい気持ちもあり(そのことをブログに書こうとすでに考えていました 笑)、ずっと乗り続けていました。

最終的にはバスは17時ごろに終点の名古屋駅前(あのメレンゲみたいなオブジェのあるところです)について、結局僕は急いでメルサ4階の名鉄バスセンターを目指すことになりました。

まあ、チケットはすぐに取れて、逆に時間が余ったもので、どうせなら車内で食べる弁当を買いに行こう、とまたメルサを降りました。

ところが、駅の近くにはキヨスクとかコンビニみたいなものがあるだろう、と予想していたのですが、あいにくJRの名古屋駅も名鉄の名古屋駅もデパートの中にあるので、周りはずーっとデパ地下なのです!

いろいろまわってもコンビニらしきものは見つからないし、名古屋はまったくもって不案内なので、下手に遠くまで行くと戻るのに手間取ってバスに間に合わないかもしれないし、また焦ってしまいました(苦笑)

結局、デパ地下の総菜屋さんみたいなところで弁当を買いました。780円で弁当としては多少値は張りますが(それでも駅弁よりはずっと安いですね)、ずっと腹が減っていたので、これでよしとしました。

あとはバスに乗るだけ、なのですが、最近乗り場が変わったみたいで、北陸方面行きの11番バス停はバスセンターの入り口からずーーーっと遠いところにありました。おかげでバス停に着いたころには発車時間ぎりぎり、みなさんもうすでに座っていらっしゃいました(苦笑)

それで、席について、荷物を下ろして、バスが発車して落ち着いて、デパ地下の弁当を食べたのですが、これがまたおいしかったのです!さすがデパ地下、780円なら下手な定食屋よりもデパ地下の弁当を食べたほうがいいのかもしれません!

ということで、弁当がおいしくて気分もよくなって、あとは寝ていても香林坊に着く状態になりました。ずいぶん忙しい旅だったので、自然と眠くなりました。


ちなみに、バスよりも特急のほうが早くて高いイメージがあるかもしれませんが、名古屋~金沢間だとバスが4060円で約3時間50分、特急が7130円で約3時間20分と、実は時間にそう大差はないのです。もちろん、30分が惜しい場合もあるでしょうし(とはいえ、時間によっては特急よりもバスのほうが早く着くことがあるかもしれません!)、特急のほうが快適でいいかもしれません。でも、なんといっても、とくに貧乏学生の僕としては、断然運賃が半額近い(バスは往復券なら片道あたり3000円です!)バスを選びますね。


最後に・・・

この旅でたくさんの人のご厚意を受けました。堀田は、たくさんの人のおかげで生きているのだなあ、と、この旅を通じて、当たり前のことですが、あらためて感じました。この場を借りて厚く感謝申し上げます。

もちろん、ご厚意を受けっぱなしというわけではないですし、こちらも何か人のためにできることがあれば、と思っています。少なくとも僕はもう少しは金沢にいるようです。また何かあれば、金沢にいる人も、金沢にいない人も、僕に言ってください!僕にできることなら何でもしたいと思います。

人は本当に、支え合って生きていくものです。絆・・・


『親切にしなさい。あなたが会う人はみんな、厳しい闘いをしているのだから。』
~プラトン
[PR]
by gesetz11 | 2006-03-13 18:00 | 裏「つぶやき」
<< 80時間中部日本一周7. (0... 80時間中部日本一周5. (0... >>
Copyright (c) 2007 Akatsuki Walker Publishing, Inc. All Rights Reserved.