更新は終了しました.
タグ
(18)
(16)
(16)
(10)
(5)
(4)
(2)
(1)
カテゴリ
全体
Discovery Kanazawa
標柱巡り
金沢方言
金沢検定
食べもんや
裏「つぶやき」
以前の記事
2007年 03月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
万札. (04/01/2006)
 雑学をひとつ—

 福沢諭吉は1901年になくなりましたが,生前,すでに福沢諭吉が将来壱万円札が発行された暁には肖像画になることが決定していました.実際には,1958年にはじめて壱万円札(C壱万円券)が発行されたとき,肖像画は福沢諭吉ではなく聖徳太子でした.これは壱万円札の発行が決定した1956年当時の首相石橋湛山が早稲田大学出身であったため,慶応義塾大学創立者の福沢の採用を嫌ったためといわれます.

 その後,C壱万円券の偽造が乱発し,新しい壱万円札を発行することが決定し,1984年,当初の予定通り福沢諭吉を肖像画とした壱万円札(D壱万円券)が発行されました(ちなみに現在のE壱万円券の肖像にも福沢諭吉が継続して使用されていますが,採用にあたったときの首相小泉純一郎は慶応義塾大学出身です).

『学問ノスゝメ』の初編には,「天ハ人ノ上ニ人ヲ造ラズ人ノ下ニ人ヲ造ラズト云へリ,サレドモ今広クコノ人間世界ヲ見渡スニ,カシコキ人アリ,オロカナル人アリ,貧シキモアリ,富メルモアリ,貴人モアリ,下人モアリテ,ソノ有様雲ト泥トノ相違アルニ似タルハ何ゾヤ」(福沢1978)とあります.要するに,理想的には皆平等だけど,実際は人には貴賤があるようだよ,ということですね.成功者が,その成功たるゆえんを学問にありと考え,そこを人々に奨励する.現在では「諭吉さん」といえば一万円のこと.成功の形を紙幣に投射し,学問の奨励につとめようとした福沢諭吉の思想がこのようなところにもあらわれているのです.

[引用文献]
福沢諭吉.1978.『学問ノスゝメ 改版』岩波書店.

[参考文献]
平山洋.2004.『福沢諭吉の真実』文藝春秋.
[PR]
by gesetz11 | 2006-04-01 21:31 | 裏「つぶやき」
<< カリブ. (04/01/2006) 顔. (04/01/2006) >>
Copyright (c) 2007 Akatsuki Walker Publishing, Inc. All Rights Reserved.