更新は終了しました.
タグ
(18)
(16)
(16)
(10)
(5)
(4)
(2)
(1)
カテゴリ
全体
Discovery Kanazawa
標柱巡り
金沢方言
金沢検定
食べもんや
裏「つぶやき」
以前の記事
2007年 03月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Discovery Kanazawa( 20 )
卯辰山散策6. (03/21/2007)
 変な坂を降りるのはよしにして,しばらくまた山道を進むと,山の上,っていってもぴんとこないかな,森山の辺りにでる道と,鈴見に出る道に別れます.鈴見方面に行くと,鶴寿園があって,もう少し行くとこの看板が出てきます.
b0020644_224206.jpg
 こう「まっすぐ行くと,何があるんだ?」的な看板って,怖いですよね.しかも山道で.どうしても右に曲がりたいです.しかも,青看板の横には,まっすぐ行くと奥卯辰山墓地公園に行くことを示す看板がちゃんとあります.青看板には書けなかったことなのか?

 しかし,奥卯辰山墓地公園ってのもなかなかな名前ですね.実際は,まあ寂しい公園があります.その前にまた鬱蒼と,暗い道を抜けなきゃなんで今回はおとなしく右に曲がることにします.
b0020644_2243230.jpg
 右に曲がると,とたんに住宅街になります.卯辰山も鈴見の裾野のほうではかなり山の麓まで住宅地が来ていて,もう少し降りると山側環状にぶつかります.

 天神橋から卯辰山に入って,鈴見に出るまで,立ち止まらなければたかだかが10分(原付の場合).その間に,いろんなことを考えます.人は思いが煮詰まると卯辰山に行く.そこにはけっして報われているとは言えない,多少悲しい景色が広がっていて,そのなかで,いろんなことを考えるのです.

 卯辰山って,いまでも観光資源を持っているといえる観光地なのかな?
[PR]
by gesetz11 | 2007-03-21 22:14 | Discovery Kanazawa
卯辰山散策5. (09/08/2006)
b0020644_11292012.jpg
 さてここからふつうの銘所紹介から毛色が変わるわけですが,この何の変哲もない道路,その右側中程に車止めがある小径があるのはお分かりでしょうか?2ヶ月前ぐらいの話ですが,なんとなしに男2人で夜中の2時半に車で卯辰山を走ってたのですが,その小径からにょっと4人(ないし5人)の人が出てきたんです.その直前に,左側に車があることを発見して,なんでこんな時間に車が止まってるんだろう,って思ってた,その矢先のことでした.

 具合が悪いことに,全員服が黒くて,サングラスをかけていました.2人で絶句して,あわやトワイライトゾーンかというところでしたが,下山しておもむろに話をするに,やはり2人とも同じ物をみてたということでした.こっち側の人でもあっち側あの人でも良いけど,とにかく問題はなんで夜中の2時半にサングラスかけてそんなところにいるんだ?という話です.

 あれから2ヶ月,日が昇っているうちにどんなとこから出てきたのか,行ってみようと思いました.
b0020644_11294591.jpg
 ぐ・・・,まだ夕方の日も高いというのに,なんだこの嫌な雰囲気は・・・.ぐっと道が折れ曲がってるところで丁度草がせり出して翳を作っています.
b0020644_1129564.jpg
 下をみると,かわりない,開けた,しかもそう整地されたのは古くない,という感じのスペースになってます.これは明らかに展望台です.なのに,なんだこの行きたくない道は・・・.

 ということで,ここで引き返しました.もとより卯辰山は夜行くにけっこう怖いところです.そんなギミックがいくつかあります.まあ山って本来そんなものですよね.
[PR]
by gesetz11 | 2006-09-08 11:30 | Discovery Kanazawa
卯辰山散策4. (09/07/2006)
 菖蒲園を過ぎ,またしばらく登ると,1,2回,分岐点に出くわします.山の上(地名です)にでたりいろいろありますが,今回のルートをひたすらたどります.

 そのうち,だいたい見晴らしの良いところに来て,やはり丁度展望台めいたところがあります.そこでやはり写真を撮ります.
b0020644_2243281.jpg
 なかほどに小立野トンネルと金沢大学病院が見えるかと思います.方角は,まあだいたいそのあたりです.具体的にいうと,南から南南東といったところでしょうか.もちろん少々向きをかえると違った景色が広がります.
b0020644_22431862.jpg
 これは兼六園方面を向いて撮りました.緑色のベルトになっているところは概略卯辰山トンネル〜大学病院〜兼六園にひろがる崖の辺りです.先ほどと違い,兼六園と金沢城がややわかりにくいかと思いますが,まあその緑のあたりにあるということです.

 このあとまた少々進むと・・・.
[PR]
by gesetz11 | 2006-09-07 22:48 | Discovery Kanazawa
卯辰山散策3. (08/26/2006)
b0020644_2112914.jpg
 菖蒲園のすぐ右側にひろがる道路,いままでは菖蒲園に気づかずにそのまま通ってました.こんな感じの山にはよくあるうら寂しい山道,もうどんな光景が広がるか,さんざ通ってきたのでいまさら思うこともないのですが,このカーブを曲がると意外な光景が.
b0020644_2114153.jpg
 普通に家があるんですよね.しかも,ぽつん,って感じじゃなくて,ちょっとした住宅地になってます.ただ,家々からは若干高級な匂いがするので,セカンド・ハウスのなのかもしれません.

 普通の住宅地が成立するくらいここは平地というかちょっと高台なのですが,ここを抜けるとまた寂しい山道がしばらく続きます.
[PR]
by gesetz11 | 2006-08-26 21:16 | Discovery Kanazawa
卯辰山散策2. (08/26/2006)
b0020644_20232093.jpg
 天神橋を渡るとすぐにバス停があって,そこから一気に山道になります.蛇行する,勾配のきつい山道.人家がなくなり周りを木にかこまれた山道.
b0020644_20244929.jpg
 それで,今回はじめて(偶然にも)知ったのですが,菖蒲園なんてあったんですね.さっきのバス停からカーブを2回くらい回ったところで本当にすぐに.

 ところで,菖蒲園ってこんなかくかくっとした木の橋のイメージがあるんですが,本当にあるもんなんですね.花札の5月のイメージでしょうか?菖蒲だったらこうする,って様式でもあるんでしょうかね.ともかく風情なものです.

 道はさらにのぼり寂しくなります.
[PR]
by gesetz11 | 2006-08-26 20:27 | Discovery Kanazawa
卯辰山散策. (08/26/2006)
 卯辰山に行ってきました.
b0020644_20174790.jpg
 私のいつものルートは,天神橋から入って鈴見台から出るルート.このゆるい雰囲気の天神橋詰南と,白く小さくも重厚な天神橋からスタートします.
[PR]
by gesetz11 | 2006-08-26 20:22 | Discovery Kanazawa
寺のある風景6. (07/27/2006)
b0020644_1163411.jpg
 そして,最後はとつぜんところかわって主計町です.ここは,夏も似合うし,秋も似合うし,冬も似合うなあ,って思います.そしてもっといいカメラが欲しいです.ヒストグラムがリアルタイムで表示されてダイアルで露出を調整できてレンズをまわしてピントをあわせられるやつ.
[PR]
by gesetz11 | 2006-07-27 11:08 | Discovery Kanazawa
寺のある風景5. (07/27/2006)
b0020644_1143120.jpg
 これはさっきの写真よりも引きで撮ったものです.こんな感じのところに住んでたらどういう気持ちになるんでしょうね.
[PR]
by gesetz11 | 2006-07-27 11:05 | Discovery Kanazawa
寺のある風景4. (07/27/2006)
b0020644_11249.jpg
 土塀に穴があいてたんでそこにピントを合わせて撮りました.すごくありきたりの構図ですが,まあ良しとしましょう.

 ちなみに穴をのぞいたらゴミが入ってました.こころない.
[PR]
by gesetz11 | 2006-07-27 11:03 | Discovery Kanazawa
寺のある風景3. (07/27/2006)
b0020644_10592969.jpg
 その曲がり角にあった電柱です.木の柱の電柱.消火栓もあって,いい感じです.すっごくおばあちゃんちっぽさ出てると思います.
[PR]
by gesetz11 | 2006-07-27 11:00 | Discovery Kanazawa
Copyright (c) 2007 Akatsuki Walker Publishing, Inc. All Rights Reserved.