更新は終了しました.
タグ
(18)
(16)
(16)
(10)
(5)
(4)
(2)
(1)
カテゴリ
全体
Discovery Kanazawa
標柱巡り
金沢方言
金沢検定
食べもんや
裏「つぶやき」
以前の記事
2007年 03月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:Discovery Kanazawa( 20 )
寺のある風景2. (07/27/2006)
b0020644_10571166.jpg
 しばらくすると,両脇が土塀で,曲がり角がある道にきました.こういうの,ぐっときます.
[PR]
by gesetz11 | 2006-07-27 10:58 | Discovery Kanazawa
寺のある風景1. (07/27/2006)
 昨日,天気がよかったのでカメラを持って,原付に乗って,いい風景を探しにいきました.たどりついた,寺がたくさんあるあたり.30枚ほど撮ってよかった写真を載せます.6回シリーズで,どの写真も1024X767のサイズにしてあるので(本当は1少なかったりもしますが),気に入りましたら壁紙にでもしてください.あ,写真をクリックしたらそのサイズになります.
b0020644_1053542.jpg
 それで,しょっぱなから加工した写真で申し訳ないですが,情緒を感じたので.写ってるもの,どれも昭和からあったっぽいですね.昨日撮ったんですが.

 というわけで,奥の交差点を左に曲がりました.
[PR]
by gesetz11 | 2006-07-27 10:55 | Discovery Kanazawa
芋掘り藤五郎. (07/23/2006)
 景色のいい場所を探して走っていたら,偶然にも芋掘り藤五郎を祀った神社に出くわしました.
b0020644_15251840.jpg
 いちおう説明しておきますと,芋掘り藤五郎「金澤」の地名の由来に関連する人物です.どう関連するのかは,ここでは割愛しますのでまた調べてみてください.なにやら諸説あるみたいで複雑なものでしてね.ちなみにここは兼六園にある金城霊澤とは遠く離れた場所です.
b0020644_15401477.jpg
 閑話休題.これは境内の様子でほぼ全貌です.こじんまり(こぢんまりか?)したものです.そりゃ神話上の人物を祀ってるわけじゃないですからね.木陰にちょっぴり鬱蒼とした,夏に訪れるにいい場所です.要所要所に蜘蛛の巣はってましたけど.
b0020644_15402629.jpg
 そして,金澤の地名に由来する芋掘り藤五郎を祀った神社から,いまの金沢を眺めます.といってもこれは方角からして野々市が写ってるんじゃないかと思いますが,気にしないでください.ちらっと山側環状道路が見えます.いまの金沢を象徴しているアーキテクチャがのぞき込んだ形になったのではないでしょうか.
[PR]
by gesetz11 | 2006-07-23 15:37 | Discovery Kanazawa
JR金沢駅東口2. (08/22/2005)
b0020644_16203947.jpg

 このオブジェクトは「鼓門」という名前です.前回の浅電の入り口のあたりが地下広場みたいになっていまして,(たしか)それが「もてなし広場」で鼓門とならんで金沢の新名所にしたいそうです.それなら,なんで地下街にしないのか,と思いますが.

b0020644_1623405.jpg

 鼓門を抜けると普通に公道が広がります.金沢駅前は,こんな感じです.個人的には,下に移っている水時計が秀逸だと思うんですが,この水時計がほかで話題に上ったことがありません.そもそも金沢で水時計といえば109の水時計ってのがあるわけでして,いずれその写真をふくめたレポートもしたいと思っています,覚えていたら.

b0020644_16252825.jpg この建物はporteです.早い話がホテル日航です.さっきの写真から45度右に向けば見られます.ぶっちゃけ,アクトシティ浜松に酷似してると思うんですが,いかがでしょうか.こんなとこにも浜松との共通性.ちなみにコンサートホールはありませんよ!すぐそばに金沢音楽堂がありますが.金沢音楽堂の横は全日空ホテル.駅から武蔵が辻までの1km弱は,基本的に繁華街ではありません.ざっくり言って,ホテルと寺ばっかりです.道路の下は地下駐車場.金沢に旅行にいらっしゃる際には,金沢ふらっとバス此花ルートにお乗りになるといいかも.駅から出て,東別院のふもとを通って(これがまたいい雰囲気でおすすめ),武蔵に至ります.そのあと尾張町に行きますが,尾張町を越えると概略生活のにおいがしますので,これ以上行ってもしょうがないでしょう.循環バスで,また駅にもどりますし.あ,尾張町には菓子文化会館があって,入場料(¥300)にお菓子がついてくるそうですよ!とりあえず食べられる.

b0020644_16294059.jpg

 というわけで,JR金沢駅東口でした.外から見ると,なんの建物か分からない.でもいかにも最近できた駅舎って感じもする.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-22 16:31 | Discovery Kanazawa
JR金沢駅東口. (08/20/2005)
b0020644_15305563.jpg

 さて,金沢駅に着きました.改札を抜けるとこんな風景が広がっています.・・・,静岡駅とたいしてかわりありませんね.兼六園も香林坊も市役所も,金沢駅の東側にあって,西側には港と工場しかなかったので,基本的に東口が金沢駅の出入り口なのです.もっとも,最近駅西に県庁が移転したおかげで駅西の大規模整備が行われているわけですが.というわけで,東口から出ます.

b0020644_1535295.jpg

 実は,東口の駅前改装が今年4月に終わったわけでして,いったい何ができるのかと思いきや,こんなんでました.金沢市民,がくーっときてます.なにコレ?ともかく,目の前にあるエスカレータを降りてみます.降りた後,そのエスカレータを撮ったのがつぎの一枚.

b0020644_15383598.jpg

 この駅出口から地下へ階段とエスカレータが伸びていて,そのまわりに池があって水が落ちているの,浜松駅でも見たような気がします.なんかどことなく駅前が浜松っぽくなっているような気がします.バスターミナルの感じとかも(こんかいはいい写真がなかったので載せませんが).

b0020644_1540551.jpg

 地下に入ってすぐ左手に,また駅が.北陸鉄道浅野川線北鉄金沢駅です.なにげに,地下鉄が走ってるんです.これあまり知られていない事実です.でも,改札は有人改札ね.行き先は,海です.今回はこれには乗りません.いつか乗ってレポートしたいです.

 というわけで,いいかげんに外に出て,レポートの続きを,後日.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-20 15:43 | Discovery Kanazawa
ひがし茶屋街2. (08/19/2005)
 覚えていますか?ひがし茶屋街です.

b0020644_0135682.jpg

 ひがし茶屋街は卯辰山のふもとにありまして,はずれにでればこんな坂が広がっています.そして,寺院群があるわけです.坂といえば高級住宅街か寺院群という感じがします.とりあえず上ってみました.寺の境内には入らず,脇の街を見下ろせるところに出てみました.

b0020644_0165544.jpg

 ・・・,なんともとらえどころのない写真ですが,方角は暁町のほうです,たぶん.昔,社会科の授業で,雪国は屋根に雪が積もって屋根がつぶれないように屋根の角度が急だと習いましたが,当の雪国に住んでいた私自身,「そうか?」と思っていましたが,どうでしょうか?なんか,「そうか?」と思うような屋根のような気がしますが,これが社会科の現実かも.

b0020644_0194840.jpg

 それで,話は思いっきりそれますが,ひがし茶屋街のはずれにあるとある寺院のまわりに,いくつかこんな電柱広告がありました.本当ならば,おそらく「ここは『東山』」ときそうなところなのですが,交通安全.まあひながたを安易にそのまま使っただけなのでいいんですが,せめて「ここは」は外してもよかったのではないのか,とおもいます.ちなみに,広告の方はすべて同一の医院のもので,そこの善意なのでしょう.

b0020644_0232977.jpg

 ひがし茶屋街も観光地なわけで,いたるところに土産物屋さんがあります.ただ,若干年齢層高いかな,って感じがします,なんとなく.兼六園は遠足で来るけど,ひがし茶屋街はそんなところじゃないでしょうし.んで,土産物屋さんがあるとつきものはご当地アイス.ここでは金箔入りバニラです,そうきましたか.たのんでみました.自転車でぶらっと来たのに浮かれ観光気分.

b0020644_0254995.jpg

 こんなん出ました.ふつうのバニラに金箔をのせただけ.まあ,外から来たらたまにはそんなのもいいよね.でも昔から金沢土産に金箔入りの食べ物はつきもので,さんざ無味だと聞かされて,何度も食べて珍しくも何ともなく,ただこの年になって,久々に金箔をなめて喜んでいる自分がかわいかったです.ちなみに,金箔はまったく消化されずに排出されます.

 ということで,引っぱったわりにかなり斜に構えたひがし茶屋街後編でした.またにし茶屋街にも行ってみたいと思います.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-19 00:30 | Discovery Kanazawa
ひがし茶屋街. (07/28/2005)
 ひがし茶屋街.ずばりこんな感じです.
b0020644_9124085.jpg

主計町茶屋街のときにも登場した浅野川大橋,渡ってすぐに右折すれば,ひがし茶屋街です.この構図は観光紹介につかわれるべたべたの,ひがし茶屋街メインストリートを写したもので,たぶん他のひがし茶屋街紹介のページにも似たような写真が載っていることでしょう.左の柳がいい味だしているでしょう?

b0020644_919684.jpg

 こんな感じの建物がならんでいます.二階の窓から客が外を覗いていると,なんか町家の風景だな,とうれしくなります.ちなみに,このあたりもだいたいが料亭かなにかで,あるお店でバイトしている知人によると,昼は3,000円から,夜は6,000円からということです.やはり学生が来るところじゃない.でも,彼女の誕生日に来るカップルっていうシチュエーションはあるそうです.うらやましい.

b0020644_9225375.jpg

 ここはレストラン自由軒.さっきのメインストリートのすぐそばにあります.いま金沢食巡りの企画を立案中で,第1回はここ自由軒の予定です(すでに食べてきました).そこで詳しくお話しします.ちなみに自由軒の向かいが銭湯と,その唐突さが面白いです.観光ついでに銭湯.

 つづきはまたこんど.
[PR]
by gesetz11 | 2005-07-28 09:12 | Discovery Kanazawa
主計町茶屋街2. (07/18/2005)
b0020644_21203721.jpg
 真っ正面から見ると味気ない浅野川大橋ですが,その側面にはけっこうロマンがあります.ちなみに橋の向こう側にある火の見やぐら(左奥にある錆びた鉄骨みたいなやつね)もちょっとしたものだそうで,つい最近市か県の何かに指定されました(いい加減,たぶん文化財とかなんとかだと思います).富山の方から金沢市内に入ろうとすると,この橋を渡るのが一番自然ですので,ここが金沢の入り口,って感じがします.

b0020644_21234172.jpg
 川沿いの道はこれでも中心の通りで,こんな細道を見れば,あれでもメイン・ストリートなんだな,と感じます.この細さ,そして続く階段はどうです?すごくわくわくしませんか?うちから自転車で数分のところにこんな場所があれば,ふらっと散歩もしたくなります.

b0020644_21255331.jpg
 これも上の階段と似たような感じですが,この道には「暗がり坂」という名称がついてます.もともと茶屋街ということで遊郭,当時の旦那たちはなかなかお忍びで来たい場所,そこでこんな暗がりにある坂(当時は階段じゃなかったのかも)を通って,そおーっとお楽しみにきたんでしょう.現代の情景に翻るとかわいげない行為ですが,町人の日常と考えるとなぜか風流にみえるのが妙です.

b0020644_2131483.jpg
 茶屋街もだいたい半分を行くと,こんな橋が出てきます.名前は「中の橋」です.階段が着いていることからも分かるように,完全に歩行者専用の橋です.まあこんな木の橋を車で渡るのも怖いでしょうが.しかし,この風景にこの橋ですからね,対岸に用がなくとも渡ってみたくなります.

b0020644_21351782.jpg
 というわけで,渡ってみました.橋の上,対岸付近から主計町茶屋街を望みます.ちなみに,浅野川にかかるこれより下流の橋は小橋,彦三大橋,中島大橋と続き,これより上流の橋は浅野川大橋,梅の橋,天神橋,常盤橋となります.梅の橋は中の橋と同じような橋で,その辺りは河原にも降りることができ,暑い日には涼を求める人たちも見られます.

b0020644_21393239.jpg
 さて,蛇足かもしれませんが,中の橋をすぎてしばらくすると,唐突に遊具があらわれます.こんなところに・・・.場所的に違和感を覚えますが,全体の雰囲気としてはどこかしらマッチした感じがするのも妙ですね.

 主計町茶屋街をでると,彦三町です.ここで左折すると,武蔵が辻に出ます.ありゃ,元に戻った.要するに,でっかい三角形を描いたことになります.まあ武蔵に行くのもいいですが,ひがし茶屋街にも行きましょう.ということで,この日は東茶屋街にも行って写真とってきました.その時の話は,また今度ということで.

 →地図(主計町)
[PR]
by gesetz11 | 2005-07-18 19:18 | Discovery Kanazawa
主計町茶屋街. (07/17/2005)
 金沢には,3つの茶屋街があります,ひがし,にし,そして今回する主計町です.金沢駅東口から武蔵が辻へ向かい,武蔵が辻を直進,橋場町のT字路に着きます.
b0020644_18522463.jpg
いきなり余談ですが,この橋場のT路路のところにこんな喫茶店があります.見にくいと思いますが,喫茶店の名前は「禁煙室」で,横にある看板には「煙草の吸える喫茶店」とあります.ちょっと気になるところです.

b0020644_1855395.jpg
 閑話休題,T路路で左折してすぐ,浅野川浅野川大橋(大橋っていうほど大きくないけど)にあたります.この橋を越えるとすぐにひがし茶屋街でして,よくひがし茶屋街・主計町茶屋街,と一緒にされるわけでして,どうせなら両方いっぺんに観光した方が良いでしょう.右の写真,車の往来がある道路が浅野川大橋で,左の,川に向かっている道路,これが主計町茶屋街の入り口です.すごくひっそりしてかつ唐突な印象があります.

b0020644_193338.jpg
 こんな感じの風景が広がる,まさに小径といったところでしょうか.川沿いってところがぐっときますね.その上で,石畳の道と古い作りの家並み.ちなみにこれらの建物はだいたいが茶屋か旅館か料亭か甘味処です.いかにも高そうなので,どこにも入ってはいません.風景だけで楽しむ.

b0020644_1972638.jpg
 こんな路地も,ぜひ入り込みたくなりますね.近代化という波に真っ向から逆らっています.通りを通ると木のにおいがしますよ.実はこの路地にはひとつの物語がありまして,のちほどそれも紹介します.ちなみに,右の建物に住所表示「主計町2」とありますが,その下にローマ字表記が併記してあります.こちらをちょっと拡大をば.
b0020644_199251.jpg
・・・,「Kazue-machi」と書いてあるのが読めますでしょうか.そう,これで「かずえまち」と読むのです.金沢市内でもベスト3にはいる難読知名だと思っています.

 そもそも,この「かずえまち」という地名には因縁がありまして,戦後しばらく主計町だったのですが,住所表記の法律によって尾張町2丁目(の一部)になってしまったのです.だけど,本来の町名というのもひとつの文化だから,そういうのも守っていこうということで,旧町名の復活運動が全国で起こりまして,この主計町は旧町名復活の全国第1号となったわけです.つい最近の話です.

 まだ話は続きますが,長くなったのでひとまずこの辺で.続きはまた今度.
[PR]
by gesetz11 | 2005-07-17 22:35 | Discovery Kanazawa
暁町の温泉. (07/17/2005)
 タイトルかえてみました.「Akatsuki Walker」です.「Akacuki」にしようかどうか,迷いました.金沢に来てから,スタンス結構悩んでたんですが,ここは割り切って「静岡の皆さんに金沢での暮らしとか風景とかを紹介する感じ」でいこう,ってことにしました.だからなにかがかわる,とも思えませんが.

 ということで,「Akatsuki Walker」としての第1回は,唐突な感じがしますが,暁町にある温泉に行ってきた話.暁町に住んでます,って人に言うと,「暁,あーあそこ温泉あるよね」と返されます.温泉?こんな住宅地に?だいたい看板も何もないよ?

 とはいえ,やっぱりあるんだろう,ということで,探してみました.あたりはあらかじめついていたのですが,ぐるぐる回ること20分,ようやく見つけたのはアパートから目と鼻の先にある場所でした.

b0020644_21165985.jpg その名は「兼六温泉」.どうも,そのあたりに住んでいる人にとっては兼六と名乗るには近くないよ,と思いたいところですが,たぶん兼六園から一番近い温泉だと思います.まずは高方にみえる煙突に不安を覚えました,「沸かしてるの?」.

 とはいうものの,とりあえず見つけたので,家に帰って銭湯(←期待してない)に行く準備をして,ネットで検索してみる.出ますよ,しかも名湯のようだ.とりあえず,温泉だということだけはわかったので,期待して行きました.

 レトロな銭湯のにおいをぞんぶんにかもしだしながら,そのお湯は相当に黒かったです.コーヒーみたいな感じ.底が見えない.そして若干ぬるい.このあたり,ネットでの評価とまったく同じです.んで,お湯を体に摺り込むようにしてみると,本当に,笑えるほどつるつるしてきます.いやー,良い.

 気を良くして露天風呂へ.住宅街の中で露天風呂につかるのもなかなか乙なものです.今日はまた暑かったですからね,すごく爽快.源泉が打たせ湯になってるし,しかも飲めるみたい.さすがに飲むのはディープなので,ちょっとなめるぐらいにしましたが,たぶんごくっといけますね.

 ぬるかったので心地よくずっと露天風呂につかっていまして,あがったら1時間経っていました.時や辛いこと忘れて,いいひとときでした.思わずフルーツ牛乳を飲みました.腰に手を当てるのは恥ずかしくてできませんでしたが.

 うちから徒歩3分,1週間に1度は通いたいものです.だって,近所に名湯だよ?

 →地図(兼六温泉)
[PR]
by gesetz11 | 2005-07-17 21:16 | Discovery Kanazawa
Copyright (c) 2007 Akatsuki Walker Publishing, Inc. All Rights Reserved.