更新は終了しました.
タグ
(18)
(16)
(16)
(10)
(5)
(4)
(2)
(1)
カテゴリ
全体
Discovery Kanazawa
標柱巡り
金沢方言
金沢検定
食べもんや
裏「つぶやき」
以前の記事
2007年 03月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:金沢検定( 21 )
金沢検定ドリル出ました. (01/29/2006)
b0020644_1391687.jpg
 最近は全然テレビなど見ないのと,本屋にも行かないのとで,すっかり油断してました.こんな本が出ていたとは—

 金曜日にリファーレのリブロに行くと,2006.『金沢検定300問ドリル』時鐘舎.が発売されてました.

 —うん,こんな感じの本,いいよね.ただ,もう少し早く,第1回の熱冷めやらぬ時期に出せたら良かったのでは.まあまた第2回のシーズンが近づけばプロモーションもすることでしょう.できれば他の出版社とか,第2巻とかでて華々しくやってもらいたいものです.

 特筆すべきことは,装丁も内容も「クイズ集」みたいな感じになっていること.こういうなじみ深い感じのスタンスで接してくれるのは,ありがたいことです.しかし,300問もよく集めたな.内容,難易度も,一部初級,一部中級に「あるべき」ふさわしいものだと思います.特に検定を受ける予定のない方でも,いままでの『おもしろ金沢学』などとは違ったアプローチで,金沢のいろいろを知ることができるのではないでしょうか,って,何で宣伝してるんでしょうか.
[PR]
by gesetz11 | 2006-01-29 20:36 | 金沢検定
金沢検定結果届きました. (12/10/2005)
 金沢検定の結果が届きました.
b0020644_1892482.jpg
 ・・・というわけで,53点でした.

 ちょっと思ったこととしては,リピーターを増やすのなら,今回の受験者は次回の受験料200円引き(中学生以下は100円引き)などにしたらどうでしょうかね.申し込みが始まったら,額面が200円引きの,これを振り込むだけで申し込み完了,の優待銀行振り込み用紙を送付するとかね.

 あと,これは予想してなかったことですが,解答付きの問題が同封されていました.それだったら,受験番号も表紙に書かされたことだし,自分の問題用紙も欲しかった.メモがしてあったから.

 さて,ふとしたことで予期せずに手に入った問題&解答.これを当初の予定通り予想問題のひな形で公開しましょうかね.勝手に公開しても良いのか?でも各所で公開されてますしね・・・.また考えておきます.
[PR]
by gesetz11 | 2005-12-10 18:14 | 金沢検定
金沢検定行ってきました4. (12/04/2005)
 最後は,金沢検定についてのちょっとした提言です.提言というか,まあこんな方向もありかも知れないですよ,というか.

 今回の最大の問題は,なんといってもあまりにも問題が難しかったということで,中級の合格率がなんでも悲劇的だったとか.

 ここで今一度,第1回金沢検定試験実施要項(書店のレジ前なんかで配布されてたパンフレットのことです)を見てみますと,中級は,「金沢の歴史、文化などにある程度の知識がある。」初級は,「金沢の歴史、文化などに基本的な知識がある。」とあります.まあ,正直な話,何も言ってないのと同じですわね.

 それと,合格基準は「四者択一式・マークシート方式で、80点以上を合格とします。」(あ,ここにちゃんとマークシートって書いてあった)とあります.これに関しては,私のアイデアではありませんが,検定ごとの難易度はどうしても推移してしまうから(特に初期はどうしても手探りになってしまうから),合格点をあらかじめ定めないで,試験結果から合格点を定めた方が良いでしょう.特に中級が誰も受からなかったら,上級を受けられる人も出てこないわけで.

 そして,なんといっても検定料です.「中級 大人1,500円、中学生以下800円」,「初級 大人1,000円、中学生以下500円」とあって,あきらかに当初は中学生以下が受けることが想定されていたようです,が,どうみても中学生以下が解けそうな問題ではありませんでした(少なくとも中級に関しては).

 結論を言いますと,ターゲット像がほとんど確立されていなかった,ということになると思います.

 私が考えるに,漢字検定が,これに対していいモデルになると思っています.漢字検定も,半分趣味の検定としてその地位を確固としているからです.

 ひとつは,「児童検定」(初8級,初9級,初10級)のように,「かなざわ検定」なるものをつくってはどうかということ.明確に小学校中学年〜高学年を対象にした検定を用意するということです.なぜ中学年〜高学年かというと,(私の記憶では)このころの社会科に郷土に関する学習があったからで,県教委との連携で(その場合「いしかわ検定」にしたほうが良いかも知れない)問題を制作して,小学校単位で検定を採用して,小学校の教室が受験会場として使用できるように調整する.その上で,(来年以降も11月中旬に試験が行なわれるのなら)2学期は「かなざわ検定」の受験勉強を通じて郷土に関する学習ができるようなプログラムを組んで,児童それぞれがいろいろ調べものをしたり発表したりして「かなざわ検定」に向けてがんばる,というのはどうでしょうか.ただ,採用した小学校の児童は強制的に受験するのか希望者が受験するのかは問題ですね.強制だったら受からなかった子が差別を受けそうですし.

 あと,「児童検定」は「小学校低学年の方や日本語を習う外国人の方に」とありますが,これと並行するのだったら,「かなざわ検定」は「えんじょもんはここからはじめよう!」とプッシュすることもできます.4月に金沢に来て金沢が気に入ったけど,「金沢検定」を受ける自信はないな,といった方は結構いらっしゃったと思いますが,そういう人がまず受ける,窓口としても「かなざわ検定」があればいいなと思います(実際私の周りでも金沢1年目で金沢検定に興味がありながら躊躇して受けなかった人もいます).

 それと同時に,「漢字検定1級」のように,とことん不必要にマニアックな試験として「金沢検定上級」がそびえ立ってていいと思います.「漢字検定1級」の特徴は,何度も合格している人がいること.つまり,資格を取ることが目的なのではなく,試験を受けること,受けるために勉強すること自体が楽しみになっている,そんな検定があっていいと思います.一度合格しても,次回の試験で出る問題が楽しみで,次回も合格することが楽しみで,次回のために金沢の勉強をし続けるという趣味.そこで「市内の寺全部まわったぞー!」とか,「220の標柱全部写真におさめたぞー!」とか,それぞれが楽しめばいいし,このスローライフの時代に,そんな趣味を検定側が発信するというのも有意義だと思います.そのときは,北國新聞社がもっとたくさん(あるいはニッチな)金沢本を出せばいいし,北陸鉄道は上級を意識した「金沢再発見ツアー」なんかしてもいい.

 一般の金沢市民が受けるのは,まあやはり初級・中級の2つから選べた方がいいでしょうね,ということで,「かなざわ検定」,「金沢検定初級・中級・上級」の4本立てでいくのがいいのではないでしょうか.別に全階級が年1回である必要はないので,「かなざわ検定」は年2回,上級は2年に1回,などでもいいでしょうし.

 あるいは,当初の予定は初級が「かなざわ検定」的なポジションで,上級ももとよりそういう計画だったのかもしれません,しれませんが,実施要項からはそういった意図は伝わってきませんでしたし,問題作成者にも伝わってはいなかったのではないでしょうか.

 私が思うに,金沢検定の一番の使命は,「金沢検定」のブランド力を高め続ける,ことだと思います.私はテレビで「金沢検定に合格すると『すごい』となるといいですね」と発言しましたが,これが「すごくいい」ではなくただ単に「すごい」にとどまってるのは,そもそもご当地検定が「いい/わるい」以外の価値基準を創造することを出発点としていると考えているからです.だから,合格して自分が「すごい」と思える,人に話して「すごいね」と言われる,その「すごい」にどれだけの価値を付加できるか,それが金沢検定のブランド力にかかっているのだと思います.今回はどんな人が,どんな問題が出た試験に受かって「すごい」と思えるか,その像がやや見えづらかった感があったように思えます.

 そういう点で,ゆくゆく金沢検定が定着して,定番となって,(少なくとも市内では)だれでも知ってる検定となって,「きんけん」と呼ばれるその日まで,金沢検定はがんばってほしいと,敬愛の念を込めて期待しています.
[PR]
by gesetz11 | 2005-12-04 14:50 | 金沢検定
金沢検定行ってきました3. (12/04/2005)
 うららかな日曜の午後,大荒れの天気の谷間,いつまた雨が降るかとひやひやしながらも日の射す午後,皆様いかがお過ごしでしょうか・・・.

 というわけで,どこかで3夜連続で検定のレビューをすると言ってたらしいのですが,見事に嘘になったわけでして,それでも毎日ブログをチェックして下さっていた皆様,すみません(←毎度言ってる気がします).あれから2週間,大分検定熱も冷めたかもですが,ちゃんと書きます.今回は検定の運営面についてです.

 まず,大いに賞賛されるべきことは,申し込みを締め切って予想を大幅に超える受験者について,急遽4会場手配されたこと.これはもう,キャパが足りてないんだから当たり前と言えば当たり前ですが,混乱なく行なわれた(あったのかもですが)ことは良かったと思います.

 それと,会場までの交通.私は末町の金沢学院大学まで行ってきまして,増発バスの最後から2便目に乗ったわけですが,そう絶望的な乗車率でもなく,増発数はほぼ適正だったのではと思います.また,今回の対応は元来の便の学院大まで延伸でしたが,シャトルバスでも良かったのではないかと思います.あるいは途中のバス停を越えたらシャトルに変更とか.加えて,パークアンドライドを推奨する金沢市としては,末町までのマイカー送り迎えに対してなんらかの対策をすべきであったのではないでしょうか.

 会場内の対応に関してですが,それも学院大のことしかわかりませんが,普通の試験会場のようでした.・・・,というのは,例えば漢字検定とか英語検定とかTOEICとかの会場みたいだったってことです.まあおそらく学院大も幾度も他の試験会場の経験があることでしょうし,その点では慣れたことでしょう.教室への誘導も,さしたる混乱は見受けられませんでした.

 ただ,教室内での指示に関しては,正直な話,マニュアルが未熟であったと言わざるを得ません.10:00着席,10:15問題用紙,解答用紙配布,諸説明,10:30試験開始のスケジュールでして,10:00にいったん着席させて,15分までは参考書を読むなり話をするなりトイレに行くなりして下さいとあったのですが,15分に配布と説明があったあと,「30分に開始です.それまでに,今一度,トイレに行きたい人はすませておいて下さい」とのこと.問題用紙を配布してからトイレに行けるなんて・・・.そこで不正はなかったとは思いますが,その対応はいかがなものか.それはマニュアルに「配布,説明後は一切の退出は認めない.トイレは監督官同伴の上」などとあればこのようなことはなかったのでは.監督官も各教室2名ついていたんだし.

 また,説明に関しても,諸大学が協力にあたってるんだから,マニュアルの作成を依頼しても良かったのでは,と思うくらい心もとないものでした.特に,はっきりいって今回の試験は年齢層が高い,もっといえば,普段あまり試験を受けることのない方も結構いらっしゃるであろう試験で,不測の事態はTOEICなどよりも多くおこりそうと言っても過言ではないと考えていましたので,そのあたりへの斟酌が不十分に思いました.たとえばマークシート,おそらくマークシートでくるんだろうな,初マークシートの人もいるんだろうな,と思って来ましたが,案の定「これは一体どうすればよいのか」の声がありました.ぼそっと「おれらは共通一次の世代じゃないからな・・・」の声も上がりました(しかも今は共通一次でもありません).そのうち後の人に「おい,おまえこれどう書けばいいかわかるか」などと聞くおじさんなんかがあらわれて,新感覚でした.

 さらにいえば,英検など他の検定の監督官もしてきた監督官の判断で,マニュアルに書いてないことも補足したのかな,と思います.小出しに思い出したように説明を付け加えていたので.このあたりの問題は簡単に解決できますので,次回きちんとなっていることを望みます.

 長くなったのでつづく,ってことにします.
[PR]
by gesetz11 | 2005-12-04 14:10 | 金沢検定
金沢検定行ってきました2. (11/20/2005)
 問題(中級)についてです.残念ながら問題用紙は持ち帰られなかったので思い出して書きます.

 まず,歴史と文学は難しい,とは聞いていましたが,なんと歴史が約25問,文学も約25問.歴史は,幕末以前のみでこれだけで,さらに大正の問題なんかもありましたし,「これも歴史の問題って言っていいんかな」ってのも含めると(例えば,伝統芸能の起源),もっと増えます.文学は,泉鏡花が6問,徳田秋声が5問,室生犀星が5問でした.

 このブログで扱った問題が的中したのは,どれも解説に書いたのですが,

・徳田秋声の出生地を答えさせる問題で,「さらに関係ないところを言うと,徳田秋声の生家はわが暁町のお隣,横山町です」と書いてたところ(関係なくなかった!)
・松尾芭蕉の「塚も動け・・・」の句碑がある寺を答えさせる問題で,「16の[こたえ]」の解説に書いてたこと
・日本3名園の兼六園と偕楽園以外を答えさせる問題で,「日本三名園(水戸の偕楽園,岡山の後楽園とともに)のひとつに数えられる」と書いてたところ
・兼六園の肩書きを答えさせる問題で,「文化財指定庭園特別名勝兼六園」と書いてたところ

ですね.まあもちろんこれは別に予想が的中しててんがたくさんとれることを目的としたわけではなく,ただ興味関心が増せば,うれしい知識が増えればいいと考えていたので,どっちでもいいことです.とはいえ,うれしいですけどね.

 問題作成はその道の専門家がこれにあたったそうですが,やはり出題者によって相対的に難易がまちまちだったという感は否めません.固有名詞の選択など,ピンポイントで知識として知らなければ解けない問題や,正しく推測すれば正解が導ける問題なんかもありました.

 あと,ほとんどの人の参考書は『新頑張りまっし金沢ことば』,『新装版 おもしろ金沢学』,『五木寛之の新金沢小景』であったと見受けられましたが,その3つのどれにも書いてない問題がかなりあったような気がします(精読してないので何とも言えませんが).それだと,一般の人が事実上解きようがない問題だったのでは?と感じてしまいます.

 さらにいえば,郷土料理や方言,産業,観光など,現代の暮らしに関する問題が少なかったのも,市民の感覚との乖離があったのでは,と感じます.金沢に生まれて金沢で育って,金沢のことが好きならばある程度は解ける,んじゃなきゃ甲斐がありません.

 特に,これだけ観光産業を重視している都市なのに,観光に役に立つ問題が少なかったのも気になりました.例えば,ひがし茶屋街は兼六園とは違って自家用車の駐車場が少ないため(わずか10数台),行くには実質バスしかないのですが,金沢駅に着いた観光客をどうやってひがし茶屋街まで誘導するかとか,周遊バスの1日乗車券がいくらで,どんなルートを通っているかとか.それがわかっていれば公共交通機関を効率よく利用して観光することができます(公共交通機関がスムーズに,安く利用できると,観光客は都市に対して良い印象を残して帰っていきます).こういう,ちょっとしたことかも知れないけど知っていればいいことがありそうなこと,大切だと思いますが.

 つまるところ,一番良いのは,「ふるさと不足の特効薬」になる問題や,受験勉強が「ふるさと不足の特効薬」になること,でしょうか.

 率直に言うと,あまりにも問題が偏り過ぎていました.もちろん第1回の試行錯誤として許されることですが,そういう意味でも第2回に期待します.それに初級の問題は存じ上げておりませんので,あまり批判めいたことに偏るのもフェアではないでしょう(そういえば来年からは上級ができるんですよね!).

 ということで,次回「金沢検定行ってきました3」(予定)は運営面について気づいたこと等を書きます.
[PR]
by gesetz11 | 2005-11-20 23:41 | 金沢検定
金沢検定行ってきました. (11/20/2005)
 金沢検定に行ってきました.そのご報告です.

 まず,受験票忘れたこと.広坂まで歩いて,そこからバスに乗る予定だったのですが,バスに乗る前に受験票を忘れたことに気づき,あわてて戻りました.金沢大学(会場)行きが増発されていたので期せずしてそれに乗りましたが,人,いっぱいでした.

 それでちゃんと金沢学院大学行きのバスに乗ったのですが,まあ人,いっぱいでした.増発バスのうち,最後から2番目のバスに乗ったのですが,乗車率は180%といったところでしょうか.バス内で気づいたこととしては,
・「幸町」のバス停は「さいわいちょう」と読む(地名は「さいわいまち」)
・「永安町」のバス停でなぜかまとまった数の人が降りた
といったとこです.あと,送迎の自家用車が多かったです.どうして金沢の人は公共交通機関を使わずにわざわざ自家用車を使うんだろう?

b0020644_13411014.jpg
 それで,金沢学院大学に着きました.といっても,これは試験終了後に撮った写真ですが.バス停から,キャンパス内至る所に誘導係の人がいらっしゃいました.そうとう動員してるなあ.

b0020644_13455111.jpg
 受験会場の廊下はこんな感じでした.老若男女本当に様々でした.その中でも中年男性は多くがかなり気合いの入ったご様子で,検定に対する市民の関心の高さを伺わせました.そして,多くの人が同じ参考書をもっていて(特に『五木寛之の新金沢小景』をお持ちの方が多かった),所々で「兼六園下の…」とか会話が聞こえてくるのが妙.

 あとびっくりしたのが,建物内に喫煙所があったこと.まあ吸煙機があったのですが,あれは機械の周りの煙は吸うけど四方に散った煙は吸わないから中心だけ煙がないドーナツ型になっちゃうんですよね.というわけで,喫煙所(しかもこれがまた隅っことかじゃなくて人通りの多いところにあった上,吹き抜けで階段の側だったので嫌煙者はさぞかし不快でしたでしょう,ちなみに私は喫煙者ではありませんが嫌煙者でもありません)は白い空間になっていました.そもそも金沢検定を受ける中心層が割と喫煙率が高いでしょうから,むしろそっちがマジョリティーなのかも.別にいいんですけど.そのあたりは,なんか公民館みたいでしたね.「よっ,勉強してきたけ」みたいな感じで.

 私は425教室だったのですが,その425教室は全員中級受験者で,まあだから雰囲気が違うのかと言うと別段そんなことはありませんが,なかなか勉強してきたっぽい方が多いように何となく感じました.とはいえ,緊張した雰囲気でもなく,割と明るい感じに皆さんお話ししていました.中でも,受験番号が隣の人同士でお話ししているのが散見されたのですが,それはその場で打ち解けたのでしょうか?あと,皆さん割と思い思いの参考書で最終チェックなさってました.能楽のパンフレットとか.

 試験は30分経過後退出可だったのですが,割と五月雨式に退出が続きました.かくいう私も70分ぐらいで退出したのですが.そこで,会場に金沢学院大学が選ばれたのは懸命だと気づきました.なぜに,すぐ近くに北鉄の東部車庫があるため,比較的フレキシブルに臨時バスを出すことができたから.まあ1回目ということもあって,どれだけ途中退出者が出るかなど,ちょっと読みにくいところですもんね.

 次は,肝心の問題について書きます.そのあと,第1回金沢検定試験について,私なりに評価する予定です(偉そうですが).
[PR]
by gesetz11 | 2005-11-20 13:48 | 金沢検定
16-2 歴史のまちしるべ. (11/20/2005)
 予想問題の最後は,私の趣味から.詳しくは,「標柱巡り」のコーナーで.というか,ここで何を書いても以前書いたものとかぶるでしょうし.

27.次のうち,歴史のまちしるべ標柱がない地名はどれ?(中)

イ.広坂
ロ.香林坊
ハ.片町
ニ.竪町

[こたえ]

28.「歴史のまちしるべ標柱事業」は何を記念してはじめられた?(中)

イ.中核市記念
ロ.市制90周年記念
ハ.金沢経済同友会設立記念
ニ.利家金沢城入城400年記念

[こたえ]

 というわけで,予想問題はこれでおわりにします.ご覧になっていただき,ありがとうございました.特に,全然更新していないのにマメに来てくださった方,恐縮です.もっと小出しにしていけば良かったですね.反省しています.的中してほしい,とは思いませんが,みなさんの何かの役に立てば幸いです.また検定のレポートしますよー!
[PR]
by gesetz11 | 2005-11-20 01:45 | 金沢検定
17-1 金沢21世紀美術館. (11/20/2005)
「金沢の今」を映すものといえば,なんといってもモダン・アートの集積,金沢21世紀美術館でしょう.

23-26.つぎのアーティストが制作した,金沢21世紀美術館にあるアートはどれ?(初)

23.レアンドロ・エルリッヒ(Leandro ERLICH)
24.アニッシュ・カプーア(Anish KAPOOR)
25.サラ・ジー(Sarah SZE)
26.ジェームズ・タレル(James TURREL)

イ.ジ・アート・オブ・ルージング(The Art of Losing)
ロ.世界の起源(The Origin of the World)
ハ.ブルー・プラネット・スカイ(Blue Planet Sky)
ニ.スイミング・プール(La Pileta)

23の[こたえ]
24の[こたえ]
25の[こたえ]
26の[こたえ]

 こんな形式の問題があってもいいかも.そして,次で予想問題は最後です.
[PR]
by gesetz11 | 2005-11-20 01:31 | 金沢検定
3-1 尾山神社. (11/20/2005)
 1873年建造.明治になって士族統合の流れで建てられたもの.前田利家を祀る.まつも祀られています(しゃれではありません).独特のたたずまいは,正直,はじめて見たときかなりひょっとこに感じました(いまでも国籍不明の建造物だと思っています).

21.尾山神社が立っている場所はもと何だった?(中)

イ.溜め池
ロ.火除地
ハ.塩川安左衛門の屋敷
ニ.金沢城の出丸

[こたえ]

22.尾山神社にある「北陸初」は何?(中)

イ.ステンドクラス
ロ.煉瓦壁
ハ.ガス灯
ニ.避雷針

[こたえ]

 またマニアックなところをもってきたなあ,と思っています.ちなみに,この項目,書きかけで公開してしまい,1時間ほど気づかずにいました.失礼しました.
[PR]
by gesetz11 | 2005-11-20 00:59 | 金沢検定
21-1 金沢経済同友会. (11/20/2005)
b0020644_042219.jpg 金沢検定は社団法人金沢経済同友会の主催で行なわれます.リンク先の「概要」に代表・副代表幹事(代表:澁谷工業・北國新聞社,副代表:福光屋・北國銀行),理事にあたっていらっしゃる会社,要チェックです.実際はその会社の代表者などがこれにあたるようですが.正直な話,金沢経済同友会主催ということで,ある程度は経済の視点から見た金沢像が見られていると思います.特に当該の会社の属する業種は無視できません.さらに,同友会内に世界遺産登録推進特別委員会(米谷恒洋委員長)なる委員会があるのが見逃せません.

19.次のうち,金沢市が生産世界トップを誇るものはどれ?(初)

イ.クーラー
ロ.瓶詰め機械
ハ.チタン加工機械
ニ.醤油

[こたえ]

20.世界遺産登録推進特別委員会が世界遺産登録を目指した運動を展開している対象は兼六園とどこ?(初)

イ.金沢城
ロ.白米(輪島市)の千枚田
ハ.安宅の関
ニ.白山

[こたえ]

 ちなみに,金沢検定が終わって少ししたら,またピンク色のデザインに戻す予定ですよ.それと,許可が頂ければ,実際に出た問題を予想問題と同じ形式でここに紹介しようと思います.あと,金沢検定後の新企画も用意しています.
[PR]
by gesetz11 | 2005-11-20 00:04 | 金沢検定
Copyright (c) 2007 Akatsuki Walker Publishing, Inc. All Rights Reserved.