更新は終了しました.
<   2005年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧
当たり. (01/31/2005)
b0020644_027223.jpg 自動販売機でジュース買ったら,なんと当たりが出たよ!本当だよ,お願い,信じて.

 というわけで,2本持ち帰りました.あいにくデジカメを持ち合わせておらず,当たった状態を写真に収めることはできませんでした.悔しい.

 当たり付き自動販売機って,たしかオーナーが当たりの出る確率を設定できるんでしたよねえ.一般的にはどれくらいの確率なんでしょうか?50本に1本ぐらいか?例えばヤマダ電機でCD-Rを買ったとして,ポイント5%つく.これを20回繰り返せば,ポイントを使って,ただでCD-Rがもらえる.そのような観点から見ると,20本に1本ぐらいの当たりでもよさそうなんだけど.そもそも,自動販売機は1日に何本ほど売り上げるのだろう?1時間に2本売れても48本.1日に1回は当たりが出るのかなあ?でも,その自動販売機を1日中見はってても,当たりが出そうな感じがしません.ということは,当たりの確率は50本に1本以下?ポイントカードでいえば2%もないの?思えば,当たりは生涯3回目ですが,当たりつき自動販売機で年間30本ぐらい買ったとして,1200本.となると400回に1回?

 逆に,すごくたくさん利用される自動販売機が当たりつきだったら,面白いでしょうね,なんとなく.新宿駅の券売機とかが.当たりでもう1枚.でも全部当駅発の.後がつかえてたら焦りますね.逆にはた迷惑かも.
[PR]
by gesetz11 | 2005-01-31 00:39 | 裏「つぶやき」
チキンライスとパスタ. (01/30/2005)
b0020644_2248183.jpg とある「チキンライスの素」.裏にある作り方をみると,やけにあっさり.「これで出来上りです」と言いきってます.チキンライスに至っては,「味はこれで充分ですが・・・」とまでする自信.でも,なんか全体から漂ってくる雰囲気,とてもこれで充分とは思えないよな・・・,ということで,実際に作ってみました.スパゲティーのほうです.チキンライスのほうはすでに先日作りました,作り方にしたがって.予想通り,ぜんぜん充分ではありませんでした.

b0020644_22483916.jpg 普通にスパゲティーを茹でて,フライパンにバターをひき,そこに茹でたスパゲティーを入れ,チキンライスの素を入れ,混ぜる.これでもかってくらい模範解答です.んで,皿にうつして,撮った写真が右のやつ.後ろに写ってるのは昨日の話題に登場したボジョレーさん.昨日に引き続いて登場していただきました.写真を撮るにあたって,どうせならとフォークをティッシュ(チープ!)で巻いてみました.もちろんふだんはこんなことしませんよ.

b0020644_2249915.jpg 結論からいうと,依然充分とは言えないとは思いますが,まあこれはこれで味が成立してるかな,というとこですかね.本当に何もなかったときは,これでも一食になるかなあ,というかんじです.でも,酷いのを予想していたので,平行してちょっと手を入れたものも作ってたんですよ.具が入ってます.しかしこちらはフライパンで炒める際,勢い余ってそば湯ならぬスパゲティー湯を入れすぎて,全体的に薄い仕上がりになってしまいました.あと,にんにくが充分に炒められてなく,くどかったです.

 人生は,往々にしてそんなもんなんかなあ?カモ井のチキンライスに妙なこと教えられました.
[PR]
by gesetz11 | 2005-01-30 22:52 | 裏「つぶやき」
星. (01/29/2005)
b0020644_23194710.jpg
 おとといの新聞記事の,ネット上で掲載されていたものです.べつに,間違っているところはないのですが,いやー,いかがなもんでしょうか,本文1行目あたり.あまりにもシュールです.
[PR]
by gesetz11 | 2005-01-29 22:19 | 裏「つぶやき」
1月のボジョレー. (01/29/2005)
b0020644_2203359.jpg 早いもので,もう2005年がはじまって1ヶ月が経とうとしています,みなさまいかがお過ごしでしょうか.

b0020644_2201542.jpg さて,ボジョレー飲みました.2005年のではありません,2004年のです.酒屋に行ったら,ボジョレーが現品叩き売りされていました.3000円ちょっとのボジョレーが,軒並み1000円台です.こんなかわいそうな,というか,こんなふざけた値のつけられかたをするワインが他にあるでしょうか?というわけで,1580円のボジョレーを買いました.上の写真のような場面,あのラベルって,剥がしにくいですよね.いつも腹が立ちます.なにか正式なうまい開け方でもあるんでしょうか?

b0020644_2205569.jpg ・・・飲む前から,注いでる最中の匂いで,あまり期待できないことは感じてましたが,まあ,そんなもんです.はじめてボジョレー飲みましたが,やはりフレッシュな味ですわ.すーっと入る飲み口,フルーティー,ってわけじゃないけど,酸味が残る.割とあっさりして,肉とかチーズとか,主張する料理と一緒に飲んだらぜんぶ消されそう.赤ワイン飲んだことのない人でも,そうつまづくことなく飲めそうな味.実は,「まずいのでは」と予想していましたので,割とあっさりした味は,逆に変に安心してしまいました.例えるなら,晴れた日曜日に,だれかから遊びの誘いが来ないかな,と待っていたけど結局来なくって,夕方あたりにあきらめて,さっぱりと台所で飲む麦茶のような味(テキトー).

 今年も1年がんばりましょう.
[PR]
by gesetz11 | 2005-01-29 21:53 | 裏「つぶやき」
携帯市況. (01/27/2005)
b0020644_20432564.jpg 2004年12月の各ケータイキャリアの契約純増数です.もう,ねえ.
[PR]
by gesetz11 | 2005-01-27 20:42 | 裏「つぶやき」
コラボ. (01/26/2005)
 今日戸田書店に行ったところ,平積みの幻冬舎文庫に「戸田書店&幻冬舎フェア」(だったかな)って帯がついてました.ここに載せる写真を撮るために何か買おうかな,と思いましたが,特に買うものはなかったので写真は載せられません.

 何で戸田書店が幻冬舎と?と思いましたが,幻冬舎の見城社長は静岡市(しかも旧静岡市)出身でしたよね.少なくとも18才ぐらいまでは静岡市にいたんなら,戸田とか谷島屋とか江崎とかにお世話になってたことでしょう,たぶん文学少年だったろうし.そしたら,大出版社の社長となった今,地元の本屋の店長と知り合いになっててもおかしくありません.しかしこんな超個人的なフェアなんてしていいんかなあ?

 うーん,角川で伝説の編集者と言われ,村上龍はじめ石原慎太郎など多くの文業者と親交をもつ出版界の雄,見城徹氏.彼の少年時代の原風景って,こういう感じなのかなあ,と考えながら南幹線を自転車で走りました.なんか変な親近感.
[PR]
by gesetz11 | 2005-01-27 00:50 | 裏「つぶやき」
金沢にて7(そして静岡へ). (01/23/2005)
b0020644_21411927.jpg 帰りはあらかじめ買っておいた金沢→名古屋のしらさぎ,名古屋→静岡の新幹線と,超楽プランです.ところが,次に出るしらさぎは米原どまりということで,名古屋行きのしらさぎ(1時間40分待ち)に乗る手段,当然そんなのイヤです.せっかく大枚はたいて特急券買ったのに.ということで,しらさぎと新幹線の乗り換えを米原にしてもらいました.追加料金700円.節約時間は2時間超.一応長距離の旅なんだし,こういうところをケチりたくないです.日常だと1食食べられる値段ですが.

b0020644_21415592.jpg しらさぎの路線上は,終止雪の景色でした.でも雪の影響を全くものともしないのはさすが雪国で商売してるだけあるなあ.えらい.それでも,毎年,最初に積もった日(これがまた毎年一気にドカッと降るんですよね)だけはパニックになるんですよ.上と左の写真は,しらさぎの窓外の写真で,福井と敦賀の間あたりです.いやー,降ってますね,積もってますね.中越もこれくらいあるいはこれ以上積もってるんでしょう.相当大変です.しかし,(中越はその比じゃなかったですが),JR東海も大変でした.

 米原駅にて新幹線に乗り換え,えっと,そもそも始発の金沢で,富山からの鈍行が雪のために遅れてて,その接続待ちのために送れて出発したんですよ.当然米原にも送れて到着.そのために,東京行きのひかりが接続待ちしてくれてたんですね.というわけで,米原でこのひかりに乗るつもりだった人たち,慌てて走ってました(これが結構な数でしたよ).そのひかりは静岡に止まらないやつですので,私ははなから乗らないつもりでしたが,一緒に慌ててみました.んで,新幹線乗り換えの改札口が,チューリップよろしく大解放だったんですよ.駅員さんがずーっと,「乗車券を通さないでそのまま新幹線に向かってください」の旨を繰り返していました.かっこいい.こういう非常事態的な感じって,対岸の火事である限りは見てて面白いものです.ひかりに乗るお歴々の流れが終わると,また改札は閉じました.それでもこの降雪によるダイヤの乱れの中,駅員さんは休めない.

 お目当てのこだまが来る前に,余裕をもって改札をくぐり,ホームへ.そこで見たものがすごかった.融雪装置なんですけど,たくさんノズルがあって,それが動きながらすごい勢いで水を出していたのです.よくみると,しんしん雪が降っている中,まったく線路の上には雪が積もっていません.白くすらありません.もちろん,ちゃんとホームに新幹線が着くときは噴射は止まります.ですが,通過する列車(米原ですから多いんですよね)については,なぜか水が窓にぶつかっています.ピンポイントなんで,なんか理由があって狙ってるんでしょう.豪速で走る新幹線を狙って高圧で水が噴き出す.その勢いがすごい上,理由がわからないのですごくシュールな光景でした.通過するたび笑ってしまいましたよ.

 考えてみると,東京-新大阪間は,雪が降る地域が,少ないながらもあるんですよね.だから,東京から新大阪まで行くのに,どっちも雪害とは無縁なのに,雪の影響を食らう.結構大変なことです.雪世界の米原からしばらく窓外を見ていなかったので,気がついたらもう名古屋,雪はありませんでした.どこから雪がなくなったんだろう?本当に,雪なんてはじめから関係なかったぜ,といわんばかりに,普通にものごとがすすんでいました.

 あるホームページで,新幹線といったらビール,という内容の記事を見かけましたが,今回,飲ませていただきました.米原でビールとおつまみを買って,独りで宴席in新幹線.これがまた本当にうまかったです.このオヤジ的ビジネスマンの匂いが本当にビール熱をかき立てます.ちなみに新幹線構内の売店に発泡酒の概念はありません.ビールオンリーです.確かに新幹線で発泡酒など,着物を着て靴を履くようなものです.だめです.第3のビールなんてもってのほか.しかし,ビールしか並んでないフェイスは本当に久しぶりというか,懐かしい感じさえしました.思えば,缶ビールの分野でビールは隅に追いやられてきてるなあ.

 ということで,18時頃に静岡到着.大戸屋(ここはなんか妙に安いですよね)で夕食を食べて,アパートに帰宅しました.疲れたなあ.

 見返すと,話題は雪と鉄道ばっかりですね.まあ,本当にそんな感じの旅行でした.
[PR]
by gesetz11 | 2005-01-23 13:30 | 裏「つぶやき」
金沢にて6(北陸文化). (01/23/2005)
 というわけで,近辺で昼食を食べてからバスに乗り,金沢駅へ.

 18年間富山に住んでいながら,金沢に行ったことは数回しかありませんでした.それも遠足とかで,べつに自主的に行って,自由行動をしたっていうこともありませんでした.というわけで,香林坊も,はじめてあの辺りを通りました.もっともバスの中からガラス越しに観ただけですが.それにしても香林坊の109ってシュールだよなー.109といえば渋谷でしょ.いや,じつは富山にも109はあります.というか,109ってただのそういう店があるだけなんだと思っていました.んで,渋谷にも109があることを知り(こっちが本家なのですが),109は全国チェーンなのだと思ってました.だって,渋谷と富山と金沢にあれば,全国チェーンだと思うでしょ?

 あと,なんか「TIFFANY & CO.」とだけ書いてあるビルがありました.まさか直営店じゃないよな?と思いましたが,あとで調べてみたら,やっぱり直営店でした.これもシュールだ.ちなみに日本の直営店は東京,大阪,名古屋,福岡,そして金沢.裏日本大健闘.でも駅の改札は手動.

 こういう状況にも理由がありまして,富山と金沢は,服飾の指標県になっているのです.すなわち,服飾関係の売り上げが全国平均と比較的似通っていて,富山で成功すれば全国で成功するし,富山で失敗すれば全国でも失敗するということで,まず試金石として全国展開する前に商品を試すわけです.ちなみに静岡はたばことかガムとかポッキーの指標県になっています.

 富山県民や金沢の人は,非常に都会に対するあこがれと卑屈の念を抱いています.んで,東京に対するイメージは「ファッションセンスがいい」の一点(あるいは最優先の項目)で,自分たちは田舎人だからダサい.東京の人に格好悪いと馬鹿にされる,そんな思いを往々に抱いています.だから憧れているのに(馬鹿にされるのが)怖いから,あまり東京に行かないわけです(たぶん).

 そういうところから,非常に服飾志向が高い県民性ができあがり,ブランド,メーカーはまず富山,金沢に新製品を持っていって試すようになったわけです.もっとも,私には服飾志向はありませんがね.でもおしゃれをしないと街には行けない.というイメージと怖さはありました.いまでは,べつにいろんな人がいるし,都会ほど寛容性が高いし,ということで,何も考えずに繰りだしています.ぶー.
[PR]
by gesetz11 | 2005-01-23 13:27 | 裏「つぶやき」
金沢にて5(夜と朝). (01/23/2005)
 コンビニから帰ってきて,テレビをつけると,MBSの『痛快!明石家電子台』をやっていました.懐かしい.3年ほど前までは毎週欠かさず観るばかりか,ビデオにも撮って繰り返し観て笑っていました.この番組の魅力といえば,何といっても古くささとチープさと馬鹿馬鹿しさとマンネリさに尽きます.というわけで,3年ぶりに観たのですが,驚くべきことは内容が3年前と全く変わっていないことです.変わってたことは,回答者がユリマリじゃなくて,くりーむしちゅーになってたことぐらいです.雰囲気やノリも全く変わらず.それに驚き笑ってしまいました.これを機会にまたこれから毎回観ようかなあ.

 友人が帰宅して,また話するうちに3時に.明日もちゃんと起きれるのか?

【3日目—1月21日(金)】
 3日目も金沢大学中央の一つ先のバス停(名前失念)付近に降ろしてもらった.帰りはもうバスで駅まで行って電車に乗るので,友人とはこれでお別れ.感謝.

 さて,11時頃にバスに乗って駅に行こうとバス停に行って時刻表を確認すると,驚くべきことに,次の金沢駅行は45分後.がー.ってなわけで,しばらく歩いてみました.数十分あるいてジャスコがあるあたりまで来る.結局,大学生街があると書きましたが,肝心の大学までの距離は遠く(アパート街と大学の間はほとんど崖で何もありません),友人のアパートも,大学までの距離という点ではだいたい静岡でいう小鹿局前あたりで,それだったらあのあたりはヨーカドーも24hもっちーもガストもツタヤもWAOもあるし,別に静岡よりも環境がいいってことはないのかなー,って思いました.
[PR]
by gesetz11 | 2005-01-23 13:15 | 裏「つぶやき」
金沢にて4(雪の降る街を). (01/23/2005)
b0020644_1242896.jpg 夜は,また友人は研究室,しかも帰りが1時になるらしく,どうせならということで,アパートのまわりを散策していました.時はチョー雪.18年間富山に住んでいましたが,一年に2,3回ぐらいしかないような猛烈な降りかたでした.もう道は真っ白です.携帯にはフラッシュがなく,撮っても真っ暗なんですよね.ということで,結構強い光を放ってた街灯があるところで写真を.典型的な雪国の住宅街です.街灯の光源のまわりに何かもやもやが見えるでしょうか?雪です.雪の降る擬態語として,はらはらとか,しんしんとか,こんこんとかがありますが,どれも言い得て妙です.すごく静かで,誰も歩いていなくて,もちろん自転車なんかは走れなくて,人気のないうらさびしい住宅街なのに,痴漢や通り魔が出る確率は1%ほどしかありません.

b0020644_12422712.jpg 左の写真に写る車は上の写真にある,街灯下の車です.ワイパーを立てているのがわかります.なんで立てているのか,なんとなくわかりますよね.この車の持ち主も朝起きたら雪下ろしするんでしょうね.冬場はエンジンを点けてすぐ発車できるわけはないので,出かける5分前くらいにあらかじめエンジンだけ点けておいてアイドリングさせておきます.なんか久しく忘れていた日常を思い出してきました.もっとも自分が運転するために5分前からアイドリングさせていたような日常は経験していませんがね.

 最寄りのコンビニを探して(これが結構遠かった)歩いていたのですが,すこぶる楽しい,うれしい.こんなにたくさん雪の上を歩くのは久しぶりで(今年の初詣でもそう歩いたわけではありません),この雪の夜の静寂,静謐,厳かな透明さ,心も落ち着いてきます.雪が降り続いているので傘を差していたのですが,傘の上にも雪が積もるので,しまいに持てなくなるほど重くなって,水切りのようにばっさばっさやらざるを得なくなります.これの懐かしさにうれしくて,小学生のころのように,どれだけ重いままで我慢できるか,雪を落とさずがんばってみました.これが日常にとけ込むまでは,雪は楽しい.日常になれば,100%ウザい.

 あとは,積もった雪が光を反射するので,夜でもまったくもって明るいのです.ほぼ消失点まで見渡せます.空が黒くて,可視で切る明るさ.言うなれば『スーパーマリオブラザーズ』の7面のような妙さがあります.山の上の空が赤く焼けていれば,それは山火事じゃなくて,スキー場のライトです.それもはっきりわかります.
[PR]
by gesetz11 | 2005-01-23 12:43 | 裏「つぶやき」
Copyright (c) 2007 Akatsuki Walker Publishing, Inc. All Rights Reserved.