更新は終了しました.
<   2005年 02月 ( 46 )   > この月の画像一覧
「つぶやき」式東京旅行一泊二日10(やや正しい東京見学). (02/27/2005)
【2日目—2月27日(日)】
 9時半に起きて,今日はどうするのか尋ねられ,なにぶん極力金を使わないようにするため,まあ小田急で帰るから行ったことのない西新宿をぼちぼち見学して帰ろうと思ってますというと,案内してくれるということで,一路,新宿へ.幡ヶ谷駅(京王新線)から京王新宿に.

 それからラーメン屋でつけ麺の大盛りをそれぞれ頼んで食べましたが,私の食べる早さに驚いたそうです.自分より早いのははじめて見たとのことですけど,私がそんなに早いとは思わないんですけどね.

 西新宿.先輩の言う「悲しい気持ち」がなんとなく分かります.冬の晴れた寒い朝,日曜日の閑散とした西新宿はひたすらもの悲しい気持ちにさせる何かがあるようです.なんか閑散としてますよ.

 適当に道を歩いて高いビルを見上げて,感想は,「高い箱だな」そりゃ,そう形がデザイン面で優れているでもない限り,ただ高いだけです.高さに感動はありますが,そこでおわりますわね.

 そして,都庁へ.東京で一番高い建物らしいですが,近くに行くとそんなに高く感じません.47階建てだけど,サンシャインは60階建てだし.

 展望台に行きました.たくさん観光客がいて,とてもまっとうな観光をしているような感じがしましたね.とにかく外国人が多かったです.おみやげも,外国人向けが多かったですね.ネタ的な商品を求めたのですが,特になく,残念.ものの話によると,東京タワーの土産コーナーはそうとうキてるらしいですけどね.

 あとは,ルミネで番組グッズを物色.研究室におけば面白いかな,という感じの商品もありましたが,なにぶん懐が寒いため,何も買わず仕舞い.

 つけ麺(麺440g)から2時間,私は腹が減っています.話すと,先方驚いていました.でも腹は減っています.小田急に乗るってことで,モザイク通を通って,何か軽食でもと思いきや,なかなか需要にマッチするものがなく,ふと入った思い出横町(たしかここも火事に遭いましたよね)にうなぎ屋があったんで,そこでうな丼を食べる.先輩腹一杯だと言ってた割に,しっかりうな丼食べてました.

 改札まで見送っていただいて,あとは普通に小田原に.熱海に.静岡に.18時に静岡駅に着きました.残金はわずか807円.最初に小田原→静岡の切符買っておいてよかった.


 まさかこんなにたくさん書くことがあるとは,書いてみるまで分かりませんでしたが,決して内容が濃いわけではありませんでした.やっぱりユルユルの東京旅行でした.ところで何しにいったんだろ?
[PR]
by gesetz11 | 2005-02-27 22:41 | 裏「つぶやき」
「つぶやき」式東京旅行一泊二日9(下宿みたいなアパート). (02/27/2005)
 代々木上原の駅前で中華を食べて,帰途.当初,このまま飲みの流れになるのかと思いました.それだったら確実に破産ですし,どうせなら飲みたいし,のジレンマがありましたが,あっさりと帰途に.

 代々木上原.ちょっと高台になっているあたりはいかにも高級住宅街.静岡の高級住宅街と違う点は,みんなが知ってる有名人が住んでいること.普通に見かけるし,コンビニにいるし,だそうです.ここに名前は挙げませんが,デザイナーとか,歌手とか.

 そんな高級住宅街,ロケーションはどう考えても極上だし,それでセパレートで60,000円台前半.ありえん.その条件だと70,000円からでしょう.中身は,なんともレトロなところで.なんか,普通の家の俺の部屋,って感じでした.普通におばちゃんが朝食用意しててもおかしくない.それなりにいい感じでしたね.トイレの換気扇が配線をまちがえて,スイッチを入れるとバスの換気扇が回るそうです.でもバスの換気扇のスイッチを入れてもトイレの換気扇は回らず,一生トイレの換気扇は回らないそうです.そういうノリとか,いいよね.自分が生活しなかったらなんとでもいえる.

 んで,言語哲学の論争になりました.まさかそういう展開になるとは思っても見ませんでした.相手はフランス文学と美術が専攻ですんで,そういう点,苦手.こちらの収穫としては,やっぱ言語哲学は言語学の領域ではないよな,ってとこですね.

 そのあと,先輩のヨーロッパ紀行の話と,写真の取り込みについて.本人曰く,「激しいデジタル・ディヴァイド」だそうで,7月に行ってデジカメで写真撮ったのに(580枚),パソコンへの取り込み方が分からないからずっと放っておいたそう.それで私がパソコンに取り込んで,面白い写真を解説してくれました.オランダのハーグ(たしか)に先進的な建築物が集まる地区があって,そこの写真を見ると,たしかに面白い.完全に斜めだったり,車が壁に突っ込んでいたり.

 それとか,ロンドンのビッグベン前で立ち小便をした話とかもされました.高校時代からのこのファンキーさは健在,たまりません.実際全然公衆便所がなかったそうで,「その行為は実用からですか,アナーキーさからですか」と聞くと,「両方」とおっしゃってました.

 寝たのは3時半.
[PR]
by gesetz11 | 2005-02-27 22:20 | 裏「つぶやき」
「つぶやき」式東京旅行一泊二日8(サントリーホール). (02/27/2005)
 第8回目にしてようやく書きますが,今回の旅行の理由は,サントリーホールで演奏を聴くことでした.友人の大学フィルの演奏会.サントリーホールの入り口前にはちらほらと人が集まってました.へえ,と思ったのは,開場の時間になると,それを告げるからくり人形があらわれて音楽を奏でます.

 サントリーホール,きれいでした.装飾,いい感じじゃないですか.それなりに建ってから年数は建っているようですが.

 演奏は,ええ,心地よい音楽でした.さすが音響効果も上品で,本当に心地よかったです,まぶたが重くなるほど.

b0020644_2159563.jpg 演奏会終了後,高校時代の友人,先輩と4人で,楽屋口に出演者の出待ち.友人に花を渡すためだ.他にも,そんな人がたくさん.楽屋前で出待ち,なんとも芸能人チックではないか.そのうちにやってくる(この間かなり待たされたんですけどね).感動の邂逅.正月以来だから,えーと,なんだ,2ヶ月ぶりじゃん.まあ少々談笑して,写真とって,あっちはまたいろいろと予定があるから,去っていく.写真は,これだけ小さくすれば載せても肖像権はどうでもいいでしょ.

 あとは先輩の家で泊まるために,帰宅.溜池山王から銀座線で表参道,それから千代田線で代々木上原へ.
[PR]
by gesetz11 | 2005-02-27 22:00 | 裏「つぶやき」
「つぶやき」式東京旅行一泊二日7(地下帝国). (02/27/2005)
 目的地はサントリーホール.あらかじめ地図を見ておいて,六本木一丁目(南北線)で降りればいいかな,ということで(あとから知ったことに,溜池山王のほうが若干近かったようです.それだと銀座線一本),なんとなく日比谷線に乗ると,六本木駅.そうだ,あの深くて有名な都営大江戸線の六本木駅のホームに行ってみようと思い,乗り換え.

 確かに深かったです.期待していたとんでもなく長いエスカレータはなかったですが,エスカレータを降りて通路を曲がるとまたエスカレータ,って光景が続きました.なにしろ地下7階,47mですからね.まあ新しいだけあってそれなりに圧迫感を与えないデザインになっていますが,なにかあったら助からないという感じを抱かせる雰囲気はありました.空気が濃いというか.

 それで,麻布十番で速攻乗り換え,南北線のホームに向かうわけですが,一駅で浅くなるわけでもなく,結局かなり昇るはめになりました.結局,期待はずれというか,めんどくさかっただけです.しかし,よくもこんなに深くまで掘ったなあ.坑夫でもないし,機会がなかったら47mの深さなんて潜りませんよ.

 そして六本木一丁目.小洒落たアークヒルズです.
[PR]
by gesetz11 | 2005-02-27 21:46 | 裏「つぶやき」
「つぶやき」式東京旅行一泊二日6(アップルストア). (02/27/2005)
 銀座.ある名士が言った.「ザギンでグーフーをドーンと」.このことばは私が大好きなことばの一つ(けっして座右の銘にあらず)です.ザギンでグーフー,なんとバブリーで甘美な響き,銀座と聞くと,いつも真っ先にグーフーを思い浮かべます.

 んで,銀座にあるアップルストアに行ってきました.あのあたり(中央通,銀座通)は土日は歩行者天国なんですね.のほほんとした感じでした.

 アップルストアは,盛況.マックだよ,あのマイナーなマックだよ.1Fのレジに長蛇の列.みんなもってるのはiPodとその関連商品です.iPodは人気だということですが,これを見る限り,超人気です.

 ちょうど,先日新しいiPod miniが発売されまして,これまでの5色4GB28,000円から,新しい4色で4GB22,000円と6GB28,000円が出ました.これまで,アップル製品をウォッチしてきた私からいわせてもらえば,今回は,絶対に「買い」です.色も更に良くなったし,4GBは純粋にプライスダウンでうれしい,6GBでもかなりお得です.

 脱線しましたが,さすがにみんなこれを歓迎しているようで,いままで迷ってた人も,買うみたいです.ってか私も欲しい.それとiPod shuffle.かなりの人がレジを待つ手に持ってました.

 アップルも,巧い商品出したもんだよなあ.iPod photoはそんなに受けが良くないようですが,今回の薄型30GBはかなりキテます.photoの時代が来るかもしれません.

 んで,ストアのほうですが,はっきりとしたコンセプトがあるんですよね.壁の質感とか,案内の表示とかが,アップルの製品に共通するデザインで統一されているんです.まるで自分がマックの中にいるかのような.小洒落てて,いいですよ.心斎橋と名古屋栄にもあるんで,機会があったら一度足を運んでみてはいかがですか.トイレもしっかりマックなのかと思いきや,どうやら売り場部分にはないようです.残念.

 銀座の用はこれだけ.出てきたA13出口からまた地下に潜り,日比谷線に乗り込む.
[PR]
by gesetz11 | 2005-02-27 21:26 | 裏「つぶやき」
「つぶやき」式東京旅行一泊二日5(アキバ2). (02/27/2005)
 目についたのは,ヤマギワSOFT.去年ボヤ騒ぎがあったところですね(たしか).なんかよさそう,ということで入ってみる.

 1Fと2Fはそれぞれ邦楽,洋楽のCDが売られてて(たしかにソフトだ),感じはしょぼいタワーレコードという感じ,もとめていたのは絶対にこれではない.さらにエスカレータを上へ.3FはDVD.

 4Fはアニメ&ホビー,お,これだよ.たしかにアキバ率(あくまで見たくれで判断)が高く.痩せててメガネもそれっぽく見えますよね.加えてリュックと紙袋,これで決まりだ.

 5Fはゲーム.ここに行くと,それなりにカタギ(?)の人もいる.というか,『A列車で行こう7』が発売されたそうで,プロモーションやってましたが,普通に私も欲しかったです.あのゲームって,奥深くていいんだけど,操作性が悪くて,そのせいでゲームを難しくしているような気がするんですよね.

 6Fはビジュアルアイドル.キてますね.普通に水着タレントのイメージDVDが陳列されてたんですが,何の仕切りもなくいきなり裸物に突入しました.一瞬それが理解できなくて,「おや?」と立ち止まってしまいました.ここは,アキバ系というより,単にスケベなだけですね.

 7Fはパソコンソフト.女性もいました.ビジュアルアイドルとスケベの上に女性も来るコーナーがあるのが妙.位置的にはどん詰まりなのに,絶対に内容面では6Fのほうがどん詰まりのような気がします.真新しいソフトもなく,そう安いわけでもなく.

 ヤマギワSOFTを出て,向かい側にあるヤマギワ本館へ.こちらは3月で一時閉店,2年後にリニューアルオープンするらしく,いまセール中.欲しいものもあるけど,運べないものばかり.宅配便にまかせてもいいけど,今回の旅行はそういう旅行じゃない.ちなみに,今知りましたが,ヤマギワSOFTの8Fはイベント会場で,土日はアイドルのサイン会とかがあるみたいです.どうせなら行けばよかったかなあ,ただなら.生きて帰れるなら.

 さらに中央通を北に歩きましたが,無線とかパソコンパーツとか,いかにもディープな店(というか露店みたい)もありましたし,ペンシルビルの汚らしい概観のアニメやアイドルの専門店もありまして,これはアキバ系ハンティングとしては確実だろうと思いましたが,さすがに怖くて入れませんでした.

 結論としては,アキバ系な人は確かにいます.だけど,それ以上に普通の人たちがフツーにいます.みんな,純粋に安売りの電気製品のショッピングを楽しんでいて,そういう点では,秋葉原に行くことが何ら変ではないことが分かります.なんかあたり前の結論か.でも偏見はなくしてもいいよね.

 そのうち,銀座線末広町駅に着く.おあつらえ向きで銀座へ.そこに(ある意味)もう一つのアキバがある.
[PR]
by gesetz11 | 2005-02-27 20:59 | 裏「つぶやき」
「つぶやき」式東京旅行一泊二日4(アキバ1). (02/27/2005)
 JR秋葉原駅は,山手線,総武線が交差するジャンクション駅で(あと京浜東北線も),純粋に乗降客数が多いです.ですから,ここで降りる人,ここで乗る人は,けっして秋葉原に用がある,用を足してきた,とは限らないわけですね,乗り換えだけの人もいる.(見たくれに関して)いろんな人がいます.

 でも,改札を越えると,まあ総じて秋葉原に用がある人ばっかりなんですよね.まずは電気街口に出ましたが,当然何も買う気はありません.乾電池すら要りません.目的は,アキバ系な人びとを見ること,だけです.

 いきなりなにか工事中で(今調べたら,ダイビル(建設中),だそうです),なんかごみごみとして汚い印象.腹が減ってたので,そのあたりにあったラーメン屋さんにふらっと入ったんですが,そこのラーメンがまた美味かった.スタッフ3人全員中国人で,しかも日本語がたどたどしい.こういう雰囲気って,いいですよね.

 ということで,都道437号線,中央通(秋葉原電気街)に抜けると,さすがに両側電気店ばっかり.そしてすごい人の量.

 ・・・,いますね,デブでメガネで電気屋の紙袋を下げたいい感じの人が.でも,それ以上にフツーの人がたくさんです.というか,普通の街のフツーの人とアキバ系の人の割合と,かわるのかどうかいまいちどうか分かりません.ただ,表参道辺りよりはアキバ系率は高いんじゃないかと思います.そして外国人も多い.

 まあ,(想像はしていましたが)期待はずれで,そうわざわざ秋葉原に来た甲斐がないなあ(金に余裕があればショッピングしたいですよ),ということで,虎穴に入らずんば虎児を得ず,ちょっと割合が濃くなりそうな場所へ.
[PR]
by gesetz11 | 2005-02-27 20:58 | 裏「つぶやき」
「つぶやき」式東京旅行一泊二日3(丸の内). (02/27/2005)
 金を使わないということで,神田神保町とか渋谷とかはなんとしても避けなければならないゾーン.いちど下町でも散策してみたいな,とも思いましたが,あいにくの雲天,微妙な時間,今回は見送ることにしました.

 というわけで,何のプランもなく日本橋口に放り出されたわけですが,バスを降りる前にオアゾが見えたんで,丸善にでも行こうかな,となり,結局金を使いそうなスポットに吸い込まれてしまいました.三菱地所の陰謀.

 オアゾはいつぞやに書いた以来ですが,なかなか楽しいですね.あのときはオープン直後の(たしか)土曜日で混雑も辟易の程でしたが,今回はやや落ち着いた客量.んで,本買っちゃいました.2,000円.

 オアゾをあとにして東京駅へ.山手線(内回り)で秋葉原駅へ.そうです,この前のコメントで約束したとおり,行ってきました,はじめての,秋葉原.
[PR]
by gesetz11 | 2005-02-27 20:25 | 裏「つぶやき」
「つぶやき」式東京旅行一泊二日2(東名ハイウェイ). (02/27/2005)
 JRバスに乗ると,乗車券を確認される前に,運転手に「いま蒲原で工事してて8kmの渋滞だけどそれでもいいか」と.1時間は最低でも遅れるそうで,東京駅13時着が(早くて)14時着になる模様.まあ17時までに着けるのなら一向構わないわけで,OKを出して乗車.一番乗りで後のほうの席に座る.運転手氏,乗車客一人一人に同じことを説明する.

 一応到着予定を聞いておきたいな,と思っていましたら,丁度同じ質問が他の乗客から出され,それに対する運転手氏の回答,「それはいつになるか分からないよ.沼津ICが混んでいたり,首都高が渋滞してたりしたらもっと遅れるし,私からは何ともいえない」まあ確かにそうでしょうが,そんな言いかたあるかよ.ミステリートレインじゃないんだから.時間に余裕があるのに,ちょっと降りたくなりました.

 それでずーっと東京まで行くわけですが,土曜のこの時間帯.通じて客があまりいませんでした.10人もいなかったと思います.

 蒲原ICの手前で,確かに渋滞に引っかかります.そもそも,電車にくらべて道路事情ってのはめまぐるしく,ちょっとした要因で変わるわけでして,首都高の渋滞もくぐり抜け,東京駅に定刻通り着くことは稀のような気がしますね.まあ2,280円で乗り換えなし,のんびり静かに行くんですから,30分遅れぐらいは見越して利用しないとですね.

 もちろん渋滞はいつか終わり,とたんにスムーズになります.しかし,その瞬間周辺は丁度うたた寝の最中でして,見逃してしまいました.私たちを苦しめた渋滞の原因(工事で車線減少ってことは知ってるんですが)を見ず仕舞いというのは少々悲しい.

 んで,しっかり沼津ICでも渋滞しました.沼津はバス停がICを抜けたところにあるため,わざわざ一度高速を降りて迂回する形をとるんですが,みごとに乗降客おらず.すごく損した気分ですね.

 沼津を抜けると,ルートはJR御殿場線と,松田からは小田急線にだいたい沿ったルートになりますが,もう,すごい雪でした.神奈川も降るんだなー,となると山間部は神奈川といえどもほとんど山梨だな,などと考えていましたが,さっきテレビで知ったことには,その直後に沼津周辺が雪で通行止めになったようですね.21時間も.剣呑剣呑.

 そんな感じで,不満のたらたらもありながらも,首都高は存外混雑しておらず,結局遅れは1時間に留まりました.14時に東京駅日本橋口に到着です.
[PR]
by gesetz11 | 2005-02-27 20:09 | 裏「つぶやき」
「つぶやき」式東京旅行一泊二日1(出発). (02/27/2005)
 昨日から今日にかけて,東京に行ってきました.なかなかユルい旅になりました.そもそも,行こうと思ってから実際に行くまでの間にいろいろ事情が変わりまして,「金を使わない旅」をすることになったわけで,結構ギリギリというか,「金を使ってはならない」というフィルターを通すだけで,まったく違った感覚が味わえますね.というわけで,以下,(すごく地味な)旅行記です.

【1日目—2月26日(土)】
 朝は7時半ごろに起きる.この時点ですでにやる気がない.静岡駅には9時すぎに着く.この時点で持ちものは,

 ・JRバス切符(静岡駅→東京駅)
 ・1万円札1枚

で,ルールは,

 ・ATMに行かない

ということで,とりあえず最低限無計画に金を使って帰りの運賃がなくなるという自体だけは避けるため,静岡駅のみどりの窓口でJR乗車券(小田原→静岡,2月27日分)を買っておく.これでちょっとは安心.ということで,9:30静岡発のJRバスに乗りこむ.
[PR]
by gesetz11 | 2005-02-27 19:47 | 裏「つぶやき」
Copyright (c) 2007 Akatsuki Walker Publishing, Inc. All Rights Reserved.