更新は終了しました.
<   2005年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧
標柱巡り11(有松町【ありまつまち】). (08/29/2005)
b0020644_18333718.jpg チャンピョンカレーに行ったついでに,犀川以南にある標柱を全部撮ってきました.25本.ところが2本見つからず,1本撮りこぼしてしまいました.ということで本当は犀川以南に28本あることになります.220のうち28ですから,そうとう割合としては少ないです.

 さて,町名シリーズでは最南端にある標柱がこの有松町ですが,なんか標柱が違います.本当にこれか?と迷いましたが,ちゃんと紀要に書いてありますので,例の事業で立てられた公式の標柱です.でも規格が明らかに違うよなあ.古くて,このあとデザインが変わった,というわけでもなく,これよりも設置年が古いものがこれより新しいものと同じだったり.要するにこれだけ違う.まああまり気にしていませんが,今後これと同じタイプの標柱が出てきたら,注目です.

 この有松のあたりは普段行く用事はまったくありません.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-29 18:41 | 標柱巡り
金沢カレー・トライアスロン. (08/29/2005)
 3日連続で,昼にカレー食べてきました.正直,きつかったです.だって,ぶっちゃけ結果からいうとどこも同じ味だもん.本当は朝昼夜のインターバルで一日で制覇しようとしてたんですが,1店目で挫折しました.

 今回行ったのは,野々市町(ですから正確には金沢ではありません)工大近くのチャンピョンカレー,広坂のターバンカレー,そして田上のゴーゴーカレー(以前紹介しましたが)です.じつは,この3店とも関係がありまして,たしかもともとチャンピョンカレーとターバンカレーのどっちかがどっちかと違えて独立したのがどっちかで(なんていい加減な説明),ゴーゴーカレーはターバンカレーの姉妹店です.んで,3店に共通する事項(そして他では余り見られない特徴)がいくつかあります.

・銀色の楕円カレー皿
・カレーの海,ご飯の陸(分かるかなあ?)がなく,まんべんなくご飯,まんべんなくカレー
・左にキャベツの千切り
・フォークで食べる

 んで,味もざっくり言ってほとんど同じです.しかも3店ともであえてロースカツカレー(中)を食べてきました.以下は,それぞれの特徴の3店の違いを箇条書きしたものです.(チ)はチャンピョンカレー,(タ)はターバンカレー,(ゴ)はゴーゴーカレーをあらわします.

1.支払い
(チ)食券
(タ)後払い
(ゴ)食券

2.味
(チ)若干チープな感じ
(タ)若干コクがある
(ゴ)定番的な安定感

3.水
(チ)大ジョッキぐらいのグラス(プラスチック,色付き)
(タ)コーヒーカップぐらいのカップ(銀,取っ手つき)
(ゴ)中ジョッキぐらいのグラス(プラスチック,透明)

4.内装
(チ)無骨,コンクリート,部分的に黄を基調とした原色ペイントカウンター席のみ.40席ほど.
(タ)カウンター席.落ち着いた感じ新しい(先週移転オープンしたばかり),一部テーブル席.25席ほど.
(ゴ)プレハブ.白い.カウンター席のみ.30席ほど.

5.店員
(チ)たくさん.
(タ)女性2人.
(ゴ)4,5人.ほとんど女性(男は2人ほどしか見たことありません.店長は男ですが).

6.雰囲気
(チ)大学生,おじさん.
(タ)ビジネスシーン(市役所の横だし).
(ゴ)郊外型,20代.

 ということで,総合評価としては,
  1位-ターバンカレー
  2位-ゴーゴーカレー
  3位-チャンピョンカレー
ということにしました.女性の入りやすさも,たぶんこの順番だと思います.事実,ターバンカレーなら竪町とか香林坊で買い物して,入っていけるような雰囲気だし.チャンピョンカレーは第7ギョーザに通じるような怪しさを感じさせます.あと,ロースカツに関しては,3店特にコメントするほどの違いはありません.値段もトッピングも3店ほぼいっしょです.それと,ゴーゴーカレーは松井をコンセプトとしていて,企画もののメジャーカレーがあるあたり,ほかと差別化してます.あ,どこもカレーはおいしいですよ.600円で腹いっぱいです.

 余談ですが,旭町にあるカレーのオリンピックも同じようなカレーが出てきます.これが金沢のカレー文化なのか,オリンピックもチャンピョンカレー一味にからんでいるのか.

チャンピョンカレー(本店)
 石川郡野々市町高橋町19-18

ターバンカレー(本店)
 金沢市広坂1-1-48

ゴーゴーカレー(金沢本店)
 金沢市田上第五土地区画整理地内50街区5番
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-29 18:26 | 食べもんや
標柱巡り10(旧大工町【だいくまち】). (08/24/2005)
b0020644_117125.jpg お気づきの方もいらっしゃるでしょうが,最近は「記事+標柱」のセットで更新しています.それで,掲載する標柱を,なるべく直前の記事に関係あるものにしています.

 ・・・ですので,本当は今回は「片町」の標柱を載せたかったのですが,標柱が見つけられなくて載せられませんでしたので,代わりに近くにある大工町です.調べると,「片町」の標柱はラブロ片町の前にあるようです.えー?あんな目立つところにあるの?気がつきませんでした.「大工町」の標柱は片町のスクランブル交差点を香林坊側から来て左折して,ちょっといったとこの左側にあります.もうちょっと進むと竪町ストリートの出口と合流します.

 先日手に入れました『金沢市歴史のまちしるべ案内』を見ると,標柱の横にある町名の由来なんかも分かるので,やるきがけっこう失せますが,この冊子には写真がありませんので,やってる意義はあるかな,と思っています.標柱を求めること自体個人的に楽しいですし,オリエンテーリングみたいで(?).

 大工町についてのコメントとしては,このあたりに大工が住んでいたので大工町です,概略を言えば.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-24 11:13 | 標柱巡り
グリルオーツカ. (08/24/2005)
-金沢の定番ハントンライス-

b0020644_10423813.jpg

 片町にある,グリルオーツカ.また洋食屋さんか,という感じですが,ここも,金沢ではすこぶる有名な洋食屋さんです.何で有名かというと,ハントンライスといえば,グリルオーツカ,ってことで有名なんです.

 ハントンライスって何?私も金沢に来てはじめてその存在を知りました.簡単に言えば,オムライスの上に魚のフライとタルタルソースが乗っかっている料理です.金沢では,定番の料理らしく,「やきそばとかカレーとかハントンライスとか・・・」って感じでやきそばやカレーと並列されるような存在のようです.

 そんなハントンライスを出す店としてこれまた定番なのがグリルオーツカでして,風構えからしてなかなか.内装も,これが洋食屋さんだ!って感じです,中の写真は撮ってませんが,こちらに写真が掲載されています.

 さて,肝心のハントンライスのお味はというと,これがまたなんで全国で普及しないんだろうというほど定番的安心感があるおいしさです.あんかけスパのようなきわもんを流行らせてる場合じゃないよ!食材は卵と魚ですから,当然おいしいです.730円です.

 ところで,どうしてこんな料理ができて,こんな名前の付けかたをしたのか,絶対になにかエピソードがありそうですが,どうでしょうかね.ちなみに,家でも簡単に作れそうですが,どうもハントンライスは外で食べるもの,って意識があるようです.まあ作っている人もいるでしょうが.

 →地図
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-24 10:59 | 食べもんや
標柱巡り9(旧木ノ新保【きのしんぼ】). (08/22/2005)
b0020644_16434884.jpg JR金沢駅東口前の交差点にある標柱が木ノ新保.JRで金沢に来て,一番最初に出会う標柱がこれです.うしろに偶然写ったのは金沢ふらっとバスの(たぶん)此花ルートです.

 さて,丁度今日,『金沢市文化財紀要一八九 金沢市歴史のまちしるべ案内』なる冊子を手に入れました,市役所に行って買ってきたんです.それによると,いままで石柱と呼んでいたものは正しくは「歴史のまちしるべ」(通称「標柱」)というのだそうで,昭和54年,市制90周年事業として始めた「金沢市歴史のまちしるべ標示事業」(現在も継続中)によって立てられてきたもののようです.

 背景を簡単に書きますと,もともと金沢には500余りの町名があったそうですが,昭和38年の住居表示制度の施行によってその多くがなくなってしまったそうです.その後,町名はこのままでは忘れ去られる保存すべき文化だということで,この事業が始まったそうです.基本的に,歴史的に価値がある町名(町名の価値に貴賤があるのでしょうか?)で,由来がはっきり分かっているものから順次立てるということで立てられてきました.また,多くの町内会が旧の町の区分けになっていて,旧町名が町内会の名前になっていることも(うちは火除町町内会です),こうした事業が興った背景になっていることでしょう.

 それで,以前も書きましたが,この事業と,時代背景などが相俟って,いくつかの町名は正式に復活しました.その第1号が「主計町」で(これは全国でも第1号),そのあと「飛梅町」,「下石引町」,「柿木畠」,「木倉町」,「六枚町」と続いています.大分法律も緩和されたようで,自治体の裁量で条例を作って比較的容易に旧町名を復活させられるようになりました.ただ,当該町の多くの住人が外からの移住者だと,ただ住所変更が煩わしくなるだけというケースも当然ありましょうから,そうどこもかしこも復活する,ということはないでしょう.ただ,旧の町で町内会をやっているところはだいたい復活させたいのではないでしょうか.

 さて,それで,この26年間で何本の標柱が立てられたのでしょうか?町名が500余りという時点で多少「えっ,もしや」という気持ちはありました.標柱を撮り始めたころ,だいたい80本ぐらいかな,と思っていましたが,なんとその数220本です(2005年4月現在).桁が違ってました.まだ4分の1しか撮ってない.道はまだまだです.でも楽しいんですけどね.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-22 16:49 | 標柱巡り
JR金沢駅東口2. (08/22/2005)
b0020644_16203947.jpg

 このオブジェクトは「鼓門」という名前です.前回の浅電の入り口のあたりが地下広場みたいになっていまして,(たしか)それが「もてなし広場」で鼓門とならんで金沢の新名所にしたいそうです.それなら,なんで地下街にしないのか,と思いますが.

b0020644_1623405.jpg

 鼓門を抜けると普通に公道が広がります.金沢駅前は,こんな感じです.個人的には,下に移っている水時計が秀逸だと思うんですが,この水時計がほかで話題に上ったことがありません.そもそも金沢で水時計といえば109の水時計ってのがあるわけでして,いずれその写真をふくめたレポートもしたいと思っています,覚えていたら.

b0020644_16252825.jpg この建物はporteです.早い話がホテル日航です.さっきの写真から45度右に向けば見られます.ぶっちゃけ,アクトシティ浜松に酷似してると思うんですが,いかがでしょうか.こんなとこにも浜松との共通性.ちなみにコンサートホールはありませんよ!すぐそばに金沢音楽堂がありますが.金沢音楽堂の横は全日空ホテル.駅から武蔵が辻までの1km弱は,基本的に繁華街ではありません.ざっくり言って,ホテルと寺ばっかりです.道路の下は地下駐車場.金沢に旅行にいらっしゃる際には,金沢ふらっとバス此花ルートにお乗りになるといいかも.駅から出て,東別院のふもとを通って(これがまたいい雰囲気でおすすめ),武蔵に至ります.そのあと尾張町に行きますが,尾張町を越えると概略生活のにおいがしますので,これ以上行ってもしょうがないでしょう.循環バスで,また駅にもどりますし.あ,尾張町には菓子文化会館があって,入場料(¥300)にお菓子がついてくるそうですよ!とりあえず食べられる.

b0020644_16294059.jpg

 というわけで,JR金沢駅東口でした.外から見ると,なんの建物か分からない.でもいかにも最近できた駅舎って感じもする.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-22 16:31 | Discovery Kanazawa
標柱巡り8(木曽坂【きそざか】). (08/20/2005)
b0020644_15531756.jpg 今日,また石柱写真を撮りにいってきました.今回は12本,全部で45本になりました.そろそろ,全部でいくつあるのか,誰か教えてほしいです.見たことは覚えているけどどこで見たのかわからないものが何本かありますし.

 今日は主に兼六園の東,まあうちの近所を中心に回りました.これがまた,坂ばっかのダイナミックな地形でして,ぐにゃぐにゃだし,細いし,傾斜度がきついし.そもそもこの先階段しかありませんとかいう看板も出てたり,車で行くところではありません.でも,その多様さが面白かったです.この木曽坂も典型的な場所でして,いろんな坂に名前がついています.んで,石柱がある坂もあります.これは町名ではなくって坂の石柱なんですね,たまにはこんな石柱もあります.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-20 15:58 | 標柱巡り
JR金沢駅東口. (08/20/2005)
b0020644_15305563.jpg

 さて,金沢駅に着きました.改札を抜けるとこんな風景が広がっています.・・・,静岡駅とたいしてかわりありませんね.兼六園も香林坊も市役所も,金沢駅の東側にあって,西側には港と工場しかなかったので,基本的に東口が金沢駅の出入り口なのです.もっとも,最近駅西に県庁が移転したおかげで駅西の大規模整備が行われているわけですが.というわけで,東口から出ます.

b0020644_1535295.jpg

 実は,東口の駅前改装が今年4月に終わったわけでして,いったい何ができるのかと思いきや,こんなんでました.金沢市民,がくーっときてます.なにコレ?ともかく,目の前にあるエスカレータを降りてみます.降りた後,そのエスカレータを撮ったのがつぎの一枚.

b0020644_15383598.jpg

 この駅出口から地下へ階段とエスカレータが伸びていて,そのまわりに池があって水が落ちているの,浜松駅でも見たような気がします.なんかどことなく駅前が浜松っぽくなっているような気がします.バスターミナルの感じとかも(こんかいはいい写真がなかったので載せませんが).

b0020644_1540551.jpg

 地下に入ってすぐ左手に,また駅が.北陸鉄道浅野川線北鉄金沢駅です.なにげに,地下鉄が走ってるんです.これあまり知られていない事実です.でも,改札は有人改札ね.行き先は,海です.今回はこれには乗りません.いつか乗ってレポートしたいです.

 というわけで,いいかげんに外に出て,レポートの続きを,後日.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-20 15:43 | Discovery Kanazawa
標柱巡り7(旧木町【きまち】). (08/19/2005)
b0020644_036247.jpg ひがし茶屋街にはいくつか石柱が期待できるな,と思っていたのですが,この木町しか見つかりませんでした.ちゃんと探せば見つかったのかもしれませんが.

 この石柱はとある(というか名前を失念)寺院の前にあったものです.石柱の2大主流は大通り型と生活道路型で,旧火除町や賢坂辻が前者,旧備中町(かなり難易度が高いので第20回ぐらいに登場しそう)やこの木町が後者にあたります.生活道路型はなんといっても予測不可能で唐突にあらわれ,それでいてなにかフレンドリーな態度を示す特徴があります.

 ちなみに,この石柱はけっこう新しいのでしょうね,能書きの文字がまだ白く,写真でもちゃんと読めます.能書きはこんな感じに書いてあるんですよ,という見本にもなりますね.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-19 00:42 | 標柱巡り
ひがし茶屋街2. (08/19/2005)
 覚えていますか?ひがし茶屋街です.

b0020644_0135682.jpg

 ひがし茶屋街は卯辰山のふもとにありまして,はずれにでればこんな坂が広がっています.そして,寺院群があるわけです.坂といえば高級住宅街か寺院群という感じがします.とりあえず上ってみました.寺の境内には入らず,脇の街を見下ろせるところに出てみました.

b0020644_0165544.jpg

 ・・・,なんともとらえどころのない写真ですが,方角は暁町のほうです,たぶん.昔,社会科の授業で,雪国は屋根に雪が積もって屋根がつぶれないように屋根の角度が急だと習いましたが,当の雪国に住んでいた私自身,「そうか?」と思っていましたが,どうでしょうか?なんか,「そうか?」と思うような屋根のような気がしますが,これが社会科の現実かも.

b0020644_0194840.jpg

 それで,話は思いっきりそれますが,ひがし茶屋街のはずれにあるとある寺院のまわりに,いくつかこんな電柱広告がありました.本当ならば,おそらく「ここは『東山』」ときそうなところなのですが,交通安全.まあひながたを安易にそのまま使っただけなのでいいんですが,せめて「ここは」は外してもよかったのではないのか,とおもいます.ちなみに,広告の方はすべて同一の医院のもので,そこの善意なのでしょう.

b0020644_0232977.jpg

 ひがし茶屋街も観光地なわけで,いたるところに土産物屋さんがあります.ただ,若干年齢層高いかな,って感じがします,なんとなく.兼六園は遠足で来るけど,ひがし茶屋街はそんなところじゃないでしょうし.んで,土産物屋さんがあるとつきものはご当地アイス.ここでは金箔入りバニラです,そうきましたか.たのんでみました.自転車でぶらっと来たのに浮かれ観光気分.

b0020644_0254995.jpg

 こんなん出ました.ふつうのバニラに金箔をのせただけ.まあ,外から来たらたまにはそんなのもいいよね.でも昔から金沢土産に金箔入りの食べ物はつきもので,さんざ無味だと聞かされて,何度も食べて珍しくも何ともなく,ただこの年になって,久々に金箔をなめて喜んでいる自分がかわいかったです.ちなみに,金箔はまったく消化されずに排出されます.

 ということで,引っぱったわりにかなり斜に構えたひがし茶屋街後編でした.またにし茶屋街にも行ってみたいと思います.
[PR]
by gesetz11 | 2005-08-19 00:30 | Discovery Kanazawa
Copyright (c) 2007 Akatsuki Walker Publishing, Inc. All Rights Reserved.